お金

お金を貯めるコツ!

なにをするにもお金が必要になるkの世の中。

お金を貯めたいけど、どうしたらいいかわからない。

今日は、簡単にお金を貯める方法をご紹介します!

1、先取り貯金をする

あなたは毎月余ったお金を貯金しようと思っていませんか?

それはNGです!すぐにやめましょう。

人間はあればあるだけ使ってしまう意志の弱い生き物。

だからこそ、給料から貯金に回すお金を差し引く先取り貯金がおすすめ

先取り貯金をすれば、給与振込口座にはすでに貯蓄分が引かれた金額だけが残るので、すべて使っても貯金はできていることに。

そう、勝手にお金が貯まっていく仕組みなのです。

先取り貯金は、各銀行が取り扱っている「自動積立定期預金」で行うことができます。給与振込口座などで利用している銀行で依頼すれば、誰でもすぐに始められます。

勤務先に社内預金や財形貯蓄制度がある人は、それを活用するのも良いでしょう。

貯金額は手取りの20〜25%が理想とされますが、手取りが少なかったり、一人暮らしをしている人にはなかなか厳しいですよね。
そこで、まずは手取りの10%を目標に始めてみましょう。
慣れてきたり、手取りが増えたりしたら、少しずつ貯金額を増やしていけばOKです。

2、固定費にお金をかけ過ぎない

固定費とは毎月出ていくお金のことで、家賃やスマホ代、光熱費、保険料などをさします。
固定費は「お金がかかっても仕方がないもの」と思っている人もいますが、毎月確実にかかる費用だからこそ少しでも削減したいところ。

主に以下の5つを見直してみましょう。

 ①住居費
例)少しでも家賃の安いところに住んだり、家賃の値下げ交渉を行う

②通信費
例)ドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアを使っている人は、格安スマホに乗り換えたり、スマホとのセット割が使えるインターネット回線にしてみる

③水道光熱費
例)供給会社や契約プランを変更して基本料金を下げる

④保険料
例)入ったままほったらかしになっていないか、本当に必要なものか見直す

⑤サブスクリプションサービス
例)ジムやNetflixなどの動画配信サービスなどに入ったままで、利用頻度の低いものは解約する

固定費を削減すれば、確実に無駄な出費を抑えることができますし、その分貯金に回すこができます。
住居費はなかなか難しいかもしれませんが、それ以外は今から見直してみましょう。

3、少額でもOK!積立投資をする

「NISA(ニーサ)」や「iDeCo(イデコ)」という言葉、一度は聞いたことがありませんか?

将来の資産形成に国が推奨しているのが、「つみたてNISA」や「確定拠出年金(企業型DC/iDeCo)」など非課税制度を活用したつみたて投資です。

今は銀行に貯金しても金利が低いため、預貯金ではお金は増えません。

金利が0.01%だとすると、毎月1万円預けても30年後に元本360万円に対して、たった5,000円くらいしか増えないのです。

しかし、積立投資なら利回り5%だとしたら、元本に対して倍以上の約470万円(※)が増えることが期待できます。

NGな行動

  • 「みんなやってるから」という考えでお金を使う
  • 利息が高い「リボ払い」
  • 「安い」「セール」というだけで買ってしまう

上記の行動をしてしまうとお金が貯まりりにくくなります。

この3点は意識して行動しましょう。

まとめ

意外と周りは貯金しています。

自由にお金を使ってその時を楽しんで良いのは10代まで!

20代からしっかりとお金の管理、貯金をする癖をつけておきましょう。

そうすると30代になってからとっても自由に暮らせることができますよ!

-お金

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.