ライフスタイル 美容

セレブは今、「脱ヴィーガン」?!

動物性のものを一切口にしない「菜食主義者」のことを「ヴィーガン」と呼びますよね。

ハリウッドセレブに多い印象だった、この「ヴィーガン」。

なんと、最近のハリウッドセレブは「脱ヴィーガン」しているそう!

その理由とは?

セレブがヴィーガンをやめた理由

リアム・ヘムズワーズの場合

2015年から約4年間、ヴィーガン生活を続けてきたリアム・ヘムズワーズ。

2018年には、同じくヴィーガンである歌手マイリー・サイラスと結婚し、披露宴では植物ベースの食事を振る舞うほどでした。

ところが今年4月、ほうれん草やアーモンド類に多く含まれるシュウ酸の取りすぎが原因で、食生活を改めなくてはいけなくなりました。

クリステン・ベル

11歳の頃からベジタリアンで、2012年からは夫で俳優のダックス・シェパードと共にヴィーガンになりました。

ヴィーガンをやめたのは、第一子妊娠中のこと。

「もっとカロリーを摂らなくてはいけないと感じたから」だそうです。

ジョナサン・ヴァン・ネス

ある時誘惑に負けて。アサリのガーリックバター蒸しを食べてしまったジョナサン。

そこからチキンやステーキなどを食べるようになり、歯止めが効かなくなったそう。

アン・ハサウェイ

2年間ほど厳格なヴィーガンを貫いたアンがベジタリアンに戻ったきっかけは、映画『インター・ステラー』で共演したマット・デイモンとの食事でした。

菜食主義ではないマットにつられるかのように、地元で獲れた新鮮なサーモンを口に運ぶと、脳内でPCが起動したような衝撃が走り、たちまち気分がよくなったそうです。

何事もほどほどに

ベジタリアンやヴィーガンが悪い、という話ではありません。

体質によって、摂取すべき食品や、避けたほうがいい食品がありますよね。

自分にあった食生活を見つけて、体内から美人になりましょう!

-ライフスタイル, 美容

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.