美容

一生痩せ体質でいられる20のルール

ダイエットをしてもすぐリバウンドしてしまう……

食事制限をした後リバウンドしてしまう……

そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「一生痩せ型でいるための20のルール」をご紹介します。

これを守るだけで、一生痩せ型! 驚きの20のルール

1.果物をジュースにしない

果物に含まれる果糖は体に溜め込まれやすく、中性脂肪になりやすいのです。

ジュースは果物を大量に摂取することになるのでやめましょう!

果物を摂取する場合は、そのままのものを。

2.食べる順番は糖質ラスト

繊維質の豊富な野菜、消化に時間がかかるタンパク質(魚・肉)を食べ、最後に糖質を摂るようにしましょう。

空腹時に糖質を摂取すると、多くの糖が吸収されてしまいます。

コース料理はこれに法っていますよね。

3.ご飯、パン、麺類、イモ類は減らす

確実に体重を落とすためには、1日の糖質摂取量を60g以下、体重をキープするためには110g以下にする必要があります。

ご飯一膳の糖質量は55.2g、食パン6枚切り1枚26.6gです。

4.お酒を飲むなら白ワイン

白ワインは血糖値の上昇を抑えてくれます。

赤ワインやウィスキーなどの蒸留酒にも太りにくくなる効果が。

もしビールを飲むなら糖質オフのものを選びましょう。

5.肉と野菜多め

糖質の少ない葉物野菜は常にたっぷり摂るように。

タンパク質と脂質、ビタミンn、ミネラルを摂取できる肉と魚はカロリーを気にせずに食べてOK。

6.水は1日2リットル

水をたくさん飲むと血中の糖の濃度が薄まり、それだけで血糖値が下がります。

細胞の代謝にも水は必要です。

1日2リットルを目安に摂取しましょう。

7.ゆっくり噛んで食べる

一口30回噛むのが理想的とされています。

唾液が消化を助けてくれるだけでなく、時間をかけて食べることで、脳の満腹中枢にシグナルが送られ、食べ過ぎ防止にも繋がります。

8.オイルならオリーブオイル

パンやパスタなどの糖質にオリーブオイルを加えると、血糖値の上昇を抑制してくれます。

サラダや肉、魚料理など、様々な料理にもオリーブオイルを加えるといいですよ。

9.朝・昼・版の食事バランスは、3:5:2

食事の後寝るだけでエネルギーを使わない夜は、食事の量を減らして糖質もできる限りオフ。

その分、朝食と昼食はしっかりと摂りましょう。

特に朝は、糖を摂取して頭を働かせることも大切です。

10.海藻、キノコをたくさん食べる

食物繊維が豊富でビタミン、ミネラルも豊富な海藻、キノコ。

どちらも糖質がほとんど含まれません!

11.お腹が空いたら、ちょこちょこ食べ

同じ量なら、まとめて食べるよりこまめに分けて食べたほうが太りません。

空腹時にいきなり大量の糖質を摂るのはNG。

12.牛乳より豆乳

牛乳も、実は血糖値が上がってしまう食品。

13.糖質を多めに摂ったらすぐ運動

摂りすぎたブドウ糖を、中性脂肪に変わる前に消費しましょう。

食べすぎたと思ったら、10分~20分程度のヲーキングを!

14.大豆製品は積極的に摂取

高タンパクで食物繊維も豊富な大豆製品。

豆腐や納豆など、大豆繊維をたっぷりと摂るように心がけましょう。

15.お酢をかけて血糖値ダウン

お酢には血糖値を下げる効果があります。

血糖値が上がりそう! と思ったら、迷わずかけて!

16.チョコレートはカカオ70%以上

チョコレートの原料、カカオはポリフェノールの塊です。

カカオ含有70%以上の糖質の少ないものを選ぶようにしましょう。

17.甘みを足したいなら、蜂蜜

白い砂糖や人工甘味料などは使わず、天然の蜂蜜を使うようにしましょう。

18.小腹が空いたらナッツ

ナッツ類には体に必要なビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

血糖値も上がりにくいので、おやつにぴったりです。

19.選べるなら、玄米・全粒粉

精製された白米や白いパンは血糖値が上がりやすい。

選べるのなら、玄米や全粒粉パンを選ぶようにしましょう。

ただし、糖質には変わりがないので、食べ過ぎには注意が必要です。

20.一日の終わりにハーブティー

ハーブティーには、糖の吸収を抑え、血糖値の急上昇を抑える作用があります。

カモミールなど、ノンカフェインのハーブティーで就寝前のリラックスタイムを楽しむのもいいですね。

 

-美容

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.