美容

背中ニキビってどうやったら治せる?

なぜ背中ニキビができる?

カビの可能性も

背中ニキビは、主に「毛のう炎(毛包炎)」といわれる皮膚の病気です。

毛包とは「毛穴」の奥、体毛を取り囲んでいる皮膚の組織層のことで、「毛のう」ともいいます。

毛のう炎は、黄色ブドウ球菌などの細菌が原因で起こる場合のほかに、マラセチア菌という真菌(カビ)が原因で起こるマラセチア毛包炎や、白血球の一種である好酸球と関係する好酸球性膿疱性毛包炎などの種類があり、原因によって治療薬が異なります。
毛のう炎は、細菌や真菌が毛包に侵入して繁殖し、炎症を起こすことで赤くブツブツした「丘疹」ができ、化膿すると膿を持つ「膿疱」ができます。背中のほかに、肩、首、デコルテ、胸、太もも、おしりなどにもできます。
また、思春期におでこや頬などにできる、一般的なニキビ(尋常性痤瘡)が背中や胸などにできることもあり、背中ニキビは、毛のう炎や尋常性痤瘡が混在している可能性があります。

正しいケアをしないと治らない

「ケアをしているのに背中ニキビが治らない」という場合、正しいケアができていないことが考えられます。

一般的なニキビは、角質が厚く硬くなり、毛穴の出口がふさがれることで皮脂が詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすものです。

しかし、背中ニキビの多くは毛穴から黄色ブドウ球菌や真菌が侵入することで炎症が起こるもの。

つまり、一般的なニキビと背中ニキビでは、原因が異なる場合があり、治療薬も異なるのです。

背中ニキビは、原因に応じた治療をおこなうことが必要です。

前述のように、ニキビが背中や胸などにできることもありますが、一般的なニキビの治療をしても背中ニキビが治らない場合、もしくは症状が悪化する場合は、真菌などが原因で起こる毛のう炎の可能性があることを覚えておきましょう。

対策

薬を塗る

「クロマイN軟膏」を毎日地道に塗りましょう。

カビが原因だった場合治る可能があります。

殺菌ソープ

クリアレックス

を使用し背中を清潔に保ちます。

肌を清潔に保つ

マラセチア菌は実はカビ。湿気が多いと増殖するので、汗をかいたらこまめに拭き、なるべく早く着替えること。

また、シャンプーやリンスの成分が肌に残ると、ニキビの原因になります。

入浴時はシャンプー後に体を洗うようにして、シャンプーなどの成分を肌に残さないようにするのがオススメです。

肌触りがよく、通気性・吸湿性の高い服を着る

衣類から受ける刺激も馬鹿になりません。

天然素材を使った柔らかな服や、通気性・吸湿性の高い服を選び、洗濯もしっかりすることがポイントです。

充分な睡眠をとる

寝不足は免疫力を下げ、肌の新陳代謝も遅らせてしまいます。

ぐっすり眠って肌の再生を促してください

まとめ

背中ニキビには普通のニキビと違う「カビ」が原因のニキビがあるみたいですね。

しっかりと冬のうちに直して綺麗な背中で夏を迎えましょう!

-美容

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.