美容

スキンケアアイテム別! 正しい使用量

 

毎日の肌ケアとして欠かせない保湿。
ですが、ちゃんと保湿されているのか、塗る量はあっているのか心配になったことはありませんか?
そこで今回は、覚えておきたい“きちんと保湿される塗る量”をご紹介します。

健やかな肌を保つために欠かせない保湿。塗る量は適切?

健やかな肌を保ち、乾燥やシワ・ニキビなどによる肌トラブルを防ぐために欠かせない保湿。
みなさんは、アイテムによって塗る量を変えて、きちんと保湿をしていますか?

せっかくの効果なアイテムも、使う量を間違っていれば効果を発揮してくれません。

大切なのは、1つ1つのアイテムによって異なる、「塗る量」です。

保湿するアイテム別で異なる塗る量:化粧水

洗顔後、最初につける化粧品は肌に水分を補う役割を持つ“化粧水”。
それだけでなく、次につける化粧品を馴染みやすくしてくれるブースターとしての働きもあります。

化粧水の基本的な塗り方は、適量の化粧水を手のひらに出し、乾燥のしやすい頬から順に手のひらで優しく押すように馴染ませていきます。

何度か重ね付けをすることで、肌からみずみずしいツヤっとした光がでてくるのですが、これこそが保湿されている証拠です。

保湿するアイテム別で異なる塗る量:美容液

化粧水の次に使うものが、“美容液”です。
美容液は、肌が必要としている美容成分を角質層に届ける役割を持っているので、必ず悩みにあわせた美容液を選んでください。

美容液の基本的な塗り方は、手のひらに出した適量の美容液を体温で温めて、化粧水と同じように優しく顔全体に馴染ませていきます。

乾燥が気になる部分は、再度重ね付けをしてみてください。
美容液を塗る量は気休め程度だと意味がないため、“気持ち多め”がちょうどいいですよ。

保湿するアイテム別で異なる塗る量:乳液

乳液は、化粧水・美容液を馴染ませた最後にフタをする目的で使われます。
油分だけでなく水溶性成分も含まれているので、肌に油分・水分を同時に蓄えてくれるのが特徴です。

乳液の基本的な使い方は、おでこ・両頬・鼻・顎の5箇所にのせて、外側に向かって優しく伸ばしていきます。
こうすることでムラなく塗れ、キレイに馴染ませることができます。

塗る量は、1円硬化から10円硬化を目安にしてみてください。
肌に馴染ませてみて、ベタつきはないが潤いを感じれるくらいがちょうどいいですよ。

保湿するアイテム別で異なる塗る量:クリーム

乳液の代わりに、クリームを使っている方もいますよね。
クリームは乳液よりも油性成分が多く、保湿と保護の働きが強いので、乳液のように化粧水・美容液を浸透させたあとにフタをする目的で使います。

クリームの基本的な使い方は、手のひらに広げてから優しく押し付けるように馴染ませていきます。

鼻の横の細かい部分などは、指の腹を使って馴染ませましょう。
油分の多いクリームは、塗る量が多いとテカリやベタつきの原因になってしまうので、記載されている量をしっかりと守ってください。

それでもベタつきなどを感じたら、量を減らしてみることをおすすめします。

どこまで塗れば保湿される?アイテム別で塗る量:オールインワンゲル

オールインワンゲルは、化粧水から乳液までのスキンケアを一つでこなしてくれるアイテムです。
時短にもなるので、使う女性が増えてきていますよね♪

オールインワンゲルの塗る量は、たっぷりめの500円玉くらいを目安にしてみてください。
朝使う場合は、ベタついてメイク崩れの原因になってしまうので、少しずつ馴染ませることがおすすめです。

また、化粧水とは異なりゲル状になっているのが特徴なので、毛穴に入り込ませるように下から上・内側から外側へ優しく伸ばしていくといいですよ♡

 

今回は、スキンケアアイテムごとの効果的な塗る量を、ご紹介させていただきました。
気にせず使っていた方も多いと思いますが、塗る量を気にすることで今まで以上に潤った肌へ導くことができますよ。
1つ1つのアイテムにあわせて調節していき、しっかりと保湿をしていきましょう♡

-美容

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.