美容

夏本番!巻き髪がとれるのはなぜ?

ぜっかく綺麗に髪の毛を巻いたのに、目的到着した時にはもう皆無。

テンション下がりまくります。

なぜ、巻いた髪の毛が取れるのか。

巻き髪がとれてしまう原因

髪の水分量が多い

髪の水分量が多い状態で巻き髪をしても、カールが上手くつかず、ついてもすぐに取れてしまいます。

髪の水分量が多い状態とは、例えば梅雨の日や、シャンプー後のブロー不足の状態、そして水分量の多いスタイリング剤をつけてから巻く時など。

また、髪に水分が多い状態でコテやアイロンを使うと、熱ダメージを受けやすく、髪のぱさつきや枝毛の原因になってしまいます。

カールしたあとすぐに髪をいじる

巻き髪のカールは、熱が冷める時に癖がつきます。

巻き髪を作ってから、すぐにカールをほぐすのはNG。

一般の方の巻き髪を作る動画を見ていると、コテを外したあとすぐにカールをほぐす方がいますが、仕上がりは綺麗にカールできていても、時間が経つとすぐにカールがとれてしまいます。

一度にたくさんの髪を巻く

時間がないときは特に、コテやアイロンにたくさん髪を挟めがち。

一度に巻く毛量を多くすれば、ゆるっと大きなカールができる、というのは間違いです。

むしろ、毛量が多いとカールがつきにくく、仕上がりにムラができやすくなるのです。

時短になるからといって一度にたくさん巻くのはやめましょう。

カールする時間が短すぎる

髪のダメージを恐れて、数秒しかコテで巻かないのも、巻き髪のカールがとれやすい原因の一つです。

巻き髪キープの適温は、160度〜180度程度。短時間で巻きたいから高温に設定して、数秒しかコテで巻かない、というのはNGです。

適温で10秒ほど巻くのが正解。

巻き髪をキープさせるには

髪をしっかり乾かす

巻き髪をセットする前に、寝癖など気になる部分はブローでリセットしましょう。

また、セット前にシャンプーをした場合もブローでしっかりと水分を乾かします。

ブローは根元の髪に指を通して、根元から温風を当ててください。

温風と冷風を交互に当てると、ふんわりとした仕上がりになります。水分が残っている状態だと、巻き髪がキープしにくいので、しっかりと乾かしてくださいね。

ドライヤーの温度対策に、ブロー前にアウトバストリートメントを馴染ませると、髪が傷みにくくなります。

巻き髪専用のスタイリング剤を使う

プロのスタイリストさんは、巻き髪をセットする前のスタイリング剤を重視しています。

しっかりぱきっとカールさせたい場合は、ハードスプレーを軽く全体に吹きかけてから巻くのがオススメです。

ふんわり仕上げには、巻き髪専用のスタイリング剤を馴染ませてから、巻き髪をセットします。

注意点は、スタイリング剤をつけすぎないこと。

特にミストやムースなどは水分量が多いので、水分の影響で巻き髪のカールがとれやすくなるので、適量を守ってくださいね。

一度に巻く毛束は少なめに、コテをあてる時間は10秒

ムラなくしっかりとカールをつけるために、一度に巻く毛束の量は少なめにしましょう。

コテは細いほどカールがつきやすいので、カールキープしにくい場合は細いコテを使うのがおすすめです。

巻いたら冷めるまでいじらない

髪にカールの癖がつくのは、熱が冷める時です。

コテで巻いた後はカールをいじらず、髪が長い場合は手のひらにカールした毛を置いて冷ますと、綺麗なカールがしっかりつきます。

ほぐすのは全体を仕上げ、熱が冷めてからにしましょう。

全体を巻いたら冷風でブロー

時間がなくて熱が冷めるのが待てない、というときの裏技が冷風ブロー。

全体を冷風でブローして素早く熱を冷まします。

ブローする時も髪はできるだけいじらないようにして、カールが固まるのを待ちましょう!

ワックス、スプレーで仕上げ

仕上げに、巻き髪キープ効果のある専用のスプレーやワックスを馴染ませて終了です。

スプレーもワックスも、どちらも髪の内側にまでしっかりと馴染ませてください。

カールがとれると思って、あまり手で馴染ませられないと思うかもしれませんが、カールは冷める時点でしっかりとつくので、その後にスタイリングで少し手を加えるくらいならカールはとれません。

まとめ

ポイントとしては、まず髪の毛を乾燥させる!次に巻いた後さめるまで触らない!

これを守って快適な真夏生活を送りましょう!

-美容

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.