ライフスタイル

物件選びはこんなところを見よう!

新しい生活を始めるのって、ドキドキワクワクしますよね!
新しい家を見つけるのは大変だけど、その分楽しみも多いもの。
でも、生活を始めてみたら意外と生活しづらかった……という経験ありませんか?

そこで今回は、
「絶対に失敗しない! 物件探しのコツ厳選5選」
をご紹介します!

【その1】スーパーやドラッグストア、生活に必要なお店は揃ってる?
生活に必要なお店は揃っていますか?
例えば、クリーニングをよく利用する人は徒歩圏内にクリーニング店があるか、ペットを飼っている人は近くに動物病院があるかなど、生活環境が自分のライフスタイルに合っているかを調べるといいでしょう。

家の近くで飲んで帰りたい、そういう人は飲み屋さんを調べておくのもいいですね。

【その2】水回りの綺麗さは大切!
家賃の関係で、築浅に住むのが難しい場合もありますよね。
古いとはいっても、畳の物件はずいぶん減ってきました。
でも、古い物件は水回りが古いまま、ということが多々あります。
水回りが古いと、排水周りの水漏れや、臭い、水道パッキンの劣化によって蛇口が閉まらないなどの問題があります。
また、ランニングコストが掛かってしまう場合もありますので、要注意です。

【その3】お隣の音は大丈夫?
お隣の音が聞こえないか、チェックをすることは大切です。
お隣の音が聞こえるということは、こちらの音も聞こえているということ。
プライバシーもありませんし、防犯面でも不安です。

一般的に、木造の家は音が響きやすく、鉄筋コンクリートの家は防音性に優れると言われています。
構造によって、足音やほんの少しの家具移動の音も響いてしまう物件もありますので、周りの住人が在宅している時間帯を狙って内見するのも1つです。

【その4】そのお部屋、日当たりはいい?
日中は家にいないから日当たりなんて関係ないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません!
日光が当たらない部屋は湿度が高く、カビが発生しやすくなりますし、梅雨時の室内干しも乾きにくくなってしまいます。

最も理想的なのは、南向きの窓、続いて東向きの窓がいいでしょう。

【その5】その物件、共有部分は綺麗?
ポストがある集合住宅のエントランスが綺麗かどうかも重要です。
落ち葉がそのままになっていたり、チラシが大量に投函されたままのポストがあれば、要注意です。
掃除がされていないということは、日中その建物を管理する人がいないということ。
また、大量のチラシが放置されているというのは、長期間在宅していない住人がいるということです。
こういった集合住宅は日中一目がないということなので、空き巣から目を付けられやすいと言われています。

簡単にはお引越しできないから、慎重にしっかり選びたい!

引っ越しって、敷金礼金に引っ越し業者代ととってもお金もかかるし、時間も体力もかかるもの!
そんなに頻繁にできることじゃないからこそ、慎重に選びたいですよね。

お部屋探しのときの参考にしてみてくださいね!

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.