趣味

ミシュランうなぎで肌美人ninalo!

うなぎで肌美人ってどういうこと?

レチノールという成分を基礎化粧品等で聞いたことがある人は多いはず。

レチノールってなんでしょう?
肌の新陳代謝を促し、さらに肌荒れも防ぐというビタミンAの関連物質です。
そう、ビタミンAはとっても肌にいいんです!

このビタミンAを多く含んだ食べ物、それがうなぎです。
他にも元気の出るビタミンB1や脂質を抑えるEPA(不飽和脂肪酸)も豊富です。
更に必須アミノ酸や不足しがちなミネラルのカルシウム・鉄分・亜鉛もいっぱい。
とにかくすごく栄養があるんです!
土用の丑の日に限らず時々は自分へのご褒美として食べたいですね。

今回は、うなぎの中でも特に栄養分が多い「共水うなぎ」というブランドうなぎを提供してくれる江戸時代から続く老舗「秋本」に行ってみます。

 

ミシュラン一つ星獲得 麹町「秋本」へ

あのミシュランに載った経歴もある名店中の名店。
ここの看板メニューはブランドうなぎの中でも最高峰の「共水うなぎ」を使ったもの。
この共水うなぎはミネラル、不飽和脂肪酸等の栄養分を他のうなぎよりもはるかに多く含み、臭みが少ないうえに身が柔らかいのが特徴。
いいことづくめです!
弱点は他のメニューよりも高価なところ……
でも時には老舗の穏やかな雰囲気の中で肌美人目指して共水うなぎに舌鼓を打つのもおつなもの。
老舗店に背伸びして行ってきます!

 

四ツ谷駅から歩いて10分ほどでしょうか
麹町に到着。(麹町駅からならすぐです。)
少し遅めの時間(19時半過ぎ)に行ってみました。
以前はランチで行ったことがあるのですが、昼は列が出来て混んでいました。
でもこの時間ともなると空いている!
すっと入れました。(ラストオーダー20時)
雰囲気の良い店内を楽しみつつ、共水うなぎのうな重を頼んでしばし待ちます。

 

待っているうちに他のお客さんも来て、共水うなぎを頼んだのですが……
「すみません、共水うなぎは本日売り切れてしまいました」と!
危なかった!!
やっぱりもっと早い時間に行く方が無難なようですね。

 

そうこうしているうちにうな重到着。
普通のうな重と違って、うなぎとご飯が別々のお重に分かれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涙が出そうな美しいうなぎです。
共水うなぎは他のうなぎに比べて丈も長いそうです。
では食べてみましょう!

 

柔らかい……!
しっかりしていながらも、ふわっとして柔らかい。
このあたりも共水うなぎの特徴に示してあった通り。
身全体も甘く感じます。
高級なお肉同様、脂質が甘さを生み出し奥深い味を演出します。

 

そしてこれも秋本の特徴、タレがさっぱりしながらも甘め。
東京のうなぎは醤油多めの辛口が多いんです。
ここは江戸の老舗店ながらも珍しく甘めのタレ。
上品な甘いタレはすごく共水うなぎに合います。
そして西日本の人たちのお口にも合いやすいんじゃないかな、って思います。

山椒とタレがテーブルに置いてあって、好みでかけることができます。
ご飯とうなぎが別々なので、ご飯にはタレがかかっていないから足すのも良いですね。
山椒もすごくよい香りのもので、どれもこれも逸品です。
おいしいだけでなく食べやすくて、あっという間に完食です。

 

共水うなぎ うな重 5600円

コストパフォーマンスが良いかどうかは人それぞれの感覚次第。
値は張りますが(かなり…涙)、接客も気持ちよく、時々でいいからまた来たい、食べたい店です。

そしてあの食感、味わいはみんなにもぜひ味わって欲しいです!

お座敷もあり予約できるそうですが、コース料理のみになるとのことなので注意してください。

 

共水うなぎからビタミンAをたくさん取って、肌美人への一歩にしましょう!

-趣味

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.