美容 美容整形

女性の薄毛、男性と薬がちがう理由 ~男性用は女性に危険な場合も!!

FAGAは女性の薄毛のことです。
詳しくは前に書いた記事↓をチェックしてみてください
FAGAってなんのこと(薬物治療や再生医療について)

女性も可能な最先端の再生医療発毛については↓をチェックしてみてください
最先端の発毛技術・再生医療由来の技術(名古屋・東京・岐阜)【メセル発毛HCR法】

男性のAGA(薄毛)でよく使われる薬として、プロペシア(フィナステリド)というものがあります。
名前を聞いたことがある人は女性でも多いはず。
簡単に言うと、男性ホルモンが髪の毛の毛根をアタックしてダメにしてしまうのを防ぐ薬です。
そういった理由で、薄毛の進行を抑える、予防するという点では非常に重要な薬で、実際に広く使われています。
よーく話を聞くと30代以降の周りの男性も使っているかも。

でもそんなに広く使われているのに、実は女性は使うことができません。
かなり副作用が強烈なのです。

 

女性には一切禁忌! プロペシアの副作用とは!?

超有名なリアップの成分(ミノキシジル)は女性でも良く使います。
ところがプロペシア(フィナステリド)は女性には一切使われません。
それどころか、この薬の割れた断面も触ってはいけない、と注意されています。

特に妊娠女性の場合、もし胎児が男の子だと性器の発達に支障が出る可能性があるのです。
これはかなり危険な副作用!!

また、妊婦ではなくとも女性一般にホルモンバランスに異常をきたす可能性が指摘されています。
女性の体内にも男性ホルモンは少量存在しています。
プロペシアによって男性ホルモン抑制の方向に働くと女性ホルモンが過剰に優位となり、ホルモンバランスが崩れる。
そうなると究極的には子宮がん、乳がんになることも考えられるのです。
こういった理由で女性にはプロペシアを使いません。

実際に女性に投与した場合はどんな副作用が起きるか本当に予測もつかないです。
薄毛を予防するつもりが、大幅な脱毛(抜け毛)につながった誤投与ケースもあるようです。
錠剤を触っただけではそんなに簡単にものすごい副作用にはならないでしょうけれど……
大きく危険なのは事実なので、交際相手、夫などのパートナーが服用している場合は注意が必要です!

ちなみに錠剤は表面がコーティングされているので割れていなければ問題ありません。
でも不用意には触らないように!



主人がプロペシアを飲んでいるのですが、妊活は!?

フィナステリドの精液への移行は非常に少なく、そこから女性の体に問題が起こる可能性はほぼない、とのこと。
これは動物実験でも明らかになっています。

でも妊活希望の人で、不安な要素をできる限りなくしたい場合は、パートナーに1か月服用をストップさせましょう。
1か月以上の間隔を空けることによって、フィナステリドの影響を全くと言っていいほどなくせます。
安心して妊活に励みましょう!!

-美容, 美容整形

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.