美容

知ってる? 正しいドライヤーの使い方

乾燥が気になるこの季節、ヘアケアはしっかりできていますか?
ヘアオイルに洗い流さないトリートメント……いろいろケアアイテムはありますが、そもそも基本的なヘアドライはしっかりできていますか?

今回は、知っているようで知らない「ヘアドライ」の基本をおさらいしてみます!

①しっかりタオルドライする

お風呂上がりに、タオルでしっかりと水気を取りましょう。
お肌のケアから先にする人が多いと思うので、その間タオルなどで髪を包み、全体的な水気を切っていきます。

次に、ドライヤーで乾かす前に、タオルで髪を挟み、パンパンと叩いて水気を切ります。
この時、こすってしまうと髪が傷んでしまうので気をつけて!

②半乾きの状態でケア用品を使う

ドライヤーを当てる前に、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントを塗布しましょう。
塗布してから、軽くブラッシングして毛の流れを整えます。絡まったままでは乾きにくいですからね。
全体的にではなく、木になる部分、毛先だけでも大丈夫です。
量が多すぎるとベタつきの原因になりますよ。

③先ずはしっかり前髪ドライ

一番最初に、前髪からドライヤーで乾かしていきます。
前髪は短くて量も少ないため、くせがつきやすいですよね。
髪は乾いていく過程で癖付いてしまうので、濡れている間に手早く乾かします。

④次は根元からしっかりドライ

次に、髪が長い部分です。
髪が長い部分は、まず根元からドライヤーを当てていきます。
濡れたタオルを吊るすと、布の隅っこからポタリポタリ雫が落ちてきますよね。
髪でも同じことが起こります。
いくら毛先を乾かしても、根元が濡れているとその水分が毛先まで伝ってくるので、延々と乾きません。
ブロッキングしながら根元を乾かしていくといいですよ。

⑤根元が乾いたら、いよいよ毛先ドライ!

根元の水気が飛んだら、いよいよ毛先部分を乾かしていきましょう!
この時も、一度に全体を乾かすのではなく、ブロッキングして乾かしていくと早いです。
美容院ではブロッキングすることはあまりありませんが、あれは業務用ドライヤーで家庭用とは威力が違うので、素早く乾かせるからなんです。
この時、温風と冷風を使い分けると、髪がツヤツヤになりますよ!

正しいドライヤーの使い方をして、癖知らずのツヤツヤヘアになろう!

髪は、乾き冷えていく過程で癖づきます。
また、濡れた髪は放置するだけでも大ダメージ。
髪の癖をなくすためにも、美髪を保つためにも、ドライヤーを正しく使えるといいですね!

-美容

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.