ライフスタイル 趣味

伊勢神宮の特殊な参拝方法

伊勢神宮、みなさん行かれたことはありますか?

筆者は今度人生二度目の伊勢神宮に行ってまいります。

伊勢神宮には、どこに行っても味わえない独特の空気感があります。

とても空気が澄んでいて、もう一度訪れてみたいと思うのではないでしょうか?

今回は、伊勢神宮独特の参拝方法などを紹介したいと思います。

まず、伊勢路宮の概要を知ろう!

伊勢神宮の中心は、「内宮(ないくう)」と「外宮(げくう)」のふたつ。

通常は、”お伊勢詣り”というと、この内宮と外宮の二つを回ることとされています。

内宮のご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)。

日本人の総氏神といわれる存在です。

外宮のご祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)。

天照大御神の食事をつかさどり、産業や食事に関する神様です。

この内宮・外宮を中心に、それぞれの別宮、摂社、末社、所管社と呼ばれる宮社があり、すべて合わせて125社の総称が、伊勢神宮と呼ばれています。

内宮・外宮に属する宮社のなかでも、「別宮」はそれぞれの分家のようなもので、内宮・外宮のご正宮に次いで、格が高い存在。

お伊勢詣りの際には、ぜひ一緒に訪れておきたいところです。

参拝するときに気をつけるポイント

1、参道の中央を歩くのはNG端を歩こう!そして鳥居の前では軽く一礼を。外宮では「左側通行」、内宮は「右側通行」が原則!!

2、外宮(げくう)内宮(ないくう)の順番で。片方だけは縁起が悪い。

3、拝礼は、「二拝二拍手一拝」

4、内宮の正宮では、感謝を伝える場。個人的なお願いごとは、第一の別宮で。

5、参拝するときは服装にも気をつけよう。露出の多いものは男性女性共に避けましょう。女性はヒールをさけるべきかも。

まずは外宮(げくう)から参拝しよう

伊勢神宮では「外宮先祭(げくうせんさい)」と言う習わしがあり、祭事の多くは外宮から先に執り行われる事がほとんどです。

これに倣い、参拝においても外宮を先に参拝してから、内宮をお参りすべきであるとされています。

これは天照大御神自身が「祭りの際は豊受の神から先に詣でなさい」と言ったことに端を発するものでもあります。

外宮(げくう)の正しい参拝ルート

1、二見興玉神社でお祓いをする(時間があれば)

2、表参道火除橋

3、手水舎

4、第一鳥居から表参道

5、外宮の御正宮(豊受大神宮)

6、多賀宮

7、土宮

8、風宮

9、月夜見宮(宮域外別宮)

内宮(ないくう)の正しい参拝ルート

1、倭姫宮(宮域外別宮)

2、月読宮(宮域外別宮)

3、猿田彦神社

4、宇治橋

5、手水舎

6、第一鳥居

7、御手洗場(みたらしば)

8、瀧祭神

9、第二鳥居

10、内宮・御正宮(天照大御神)

11、御稲御倉

12、荒祭宮(別宮)

13、風日祈宮(別宮)

14、神楽殿

15、参集殿

16、子安神社(大山祇神社)

特別参拝なるものがある!

通常の参拝であれば、「御幌(みとばり)」と呼ばれる白い布の前までしか行けません。

しかし、”ある事”をすると、「御垣内(みかきうち)」と呼ばれる「白い布の奥」へ入って参拝することができます。

これが通称特別参拝と言われています。

その”ある事”というのが、定められた金額の初穂料を納めることです。

初穂料の金額によって入れる場所も変わってきます。

2000円~外玉垣南御門の内側まで

10万円~中重御鳥居まで

100万円~ 内玉垣南御門外まで(ちなみに皇太子様もここまでしかいけません。その先は天皇陛下のみ入ることが許されています。)

まとめ

人生で1度は行った方がよい場所です。交通の便はとても不便ですが行く価値しかありません。

ぜひ来年は伊勢神宮へ行ってみては?

-ライフスタイル, 趣味

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.