ライフスタイル

七草粥で疲れた胃を癒しましょう!

「七草粥」って食べる習慣、ありますか?
人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の行事食(料理)ということは知っていても、食べたことがないという人が多いのではないでしょうか。

「ただ験を担いだだけの食べ物でしょ?」と思っていたのですが、調べてみると理にかなった食べ物であることがわかりました。

七草粥とは

春の七草や餅などを具材とする塩味の粥で、その一年の無病息災を願って1月7日に食べられるもので、正月の祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。
・七草ってなに?
七草とは、以下の野菜を指して言います。
セリ
ナズナ
ゴギョウ
ハコベラ
ホトケノザ
スズナ
スズシロ
地方による差が大きく、必ずしもこの七品目が入るものではないようです。
大根やネギ、豆腐などが入る地方もあるそうです。

胃を休ませるための料理だから、こんなのもおすすめ!

「七草粥」はあくまで「胃を休ませる」ことが目的ですので、必ずしも伝統的な七草である必要はありません。
例えば、
春菊
ほうれん草
小松菜
大根の葉
水菜
などを入れたおかゆもおすすめです。

葉物野菜には解毒の力があるので、わざわざ七草の種類に拘る必要はないのです。

食べ過ぎ飲み過ぎで疲れた胃を休ませてあげましょう

普段節制している人でも、ついつい食べ過ぎ飲み過ぎてしまうのが年末年始というもの。
七草粥で胃を休めて、またいつものルーティーンに戻していきましょう!

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.