美容

リンパのことを知ろう。

ninaloでは、リンパについて以前記事をご紹介しました。

その記事の中では、リンパマッサージやデトックスに医学的根拠がないとご紹介しましたが、今回はそのリンパについて、もっと詳しく調べてみました!

リンパの役割は、有害物質を「ろ過」すること

まず最初に、リンパは体のどこにあるのか、知っていますか?

首の左右あたり? と思った人も多いはず。

でもそれは大きな誤解なのです。

リンパは草木の根っこのように全身に広がっていて、目には見えないほどの細い管が、皮膚のすぐ下を通っているのです。

リンパのろ過効果って?

リンパと静脈は体内の水分を回収していますが、血液循環に入ってはいけない老廃物や細菌類はリンパが引き受けてくれます。

そして体内を流れながら、その有害物質をひざ裏やそけい部などにあるリンパ節という部分で、関所のようにろ過を行っているのです。

リンパは体内での老廃物処理という大事な仕事をしているようです!

リンパの流れが悪いと足が太くなったりクマができるってホント?

リンパ管はとても繊細で、何本も集まって髪の毛一本ほどの細さしかなく、その中を水分が流れていくのですが、この流れが滞ると体に様々な影響が出ます。

例えば足のむくみ

リンパや静脈に回収されなかった水分がたまるのが原因です。

では、リンパの流れが滞ってしまうのはなぜなのでしょう?

筋肉からの刺激がないと、リンパは水分を回収しにくくなり、デスクワークなどで足を動かさない女性にむくみが多いのはそのためです。

またリンパの流れが悪いと老廃物のデトックス効果が低くなり、顔のくすみやクマの原因にもなります。

リンパは、美容にも大きな影響を与える存在なのでとても重要と言えるでしょう。

マッサージするなら夜がオススメ!

大事なポイントが2つあります。まずひとつは、体が横になっている時にリンパはよく流れるということ。

ペットボトルを倒すと中の水が横に流れるのと同じ原理で起きている時よりも寝ている時の方が重力がなくスムーズに流れます。

なので、夜寝る前にマッサージをすると寝ている時にリンパが流れがよくなります。

血液が心臓から出て戻るまでは約一分という速さですが、リンパはゆっくり、じわじわと流れていきます。

皮膚のすぐ下にあるリンパ管の先端から、出口である鎖骨付近に至るまで半日から約一日もかかるそうです。

下の図のようにリンパ節に向かってマッサージをしていきましょう。(詳細は次回ご紹介予定です。少々お待ちくださいませ。)

まとめ

運動をしてない筆者にとても大切そうなリンパのマッサージ。

次回は手軽にできるリンパマッサージをご紹介します。

 

-美容

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.