コラム ライフスタイル

心ってどこにあるの?

先日、匿名掲示板でこのようなトピックがありました。

 

「心って、どこにあると思いますか」

 

そこに集う人たちは、脳にある、泣きたい時に痛くなる場所にある、環境にある、言葉にある、と様々な興味深い書き込みをしています。

あなたは、「心」はどこにあると思いますか?

心って、どこにあるの?

心って、目には見えませんよね?

だけど、一つだけ見ることができる心があります。
それは、私たちが持っている、もう一つの目。
心の目です。

好きな人を思い浮かべて、「今どうしてるかなぁ」とか、「シチューにぶどうを入れたらどうなるだろう」とか。

目の前にはないことを想像することが、心の目です。
心の目を使えば、遠く離れた人のことも、ぶどうシチューのこともイメージすることができますよね。

心も、そうした想像(イメージ)の世界に存在しているのです。

心は非現実的で無限のもの

目は、視野にある現実のものしか映しません。
鼻も、実際に匂っているものしか感じません。
舌だって、カレーはカレーの味しかしませんよね。

すべて現実的な役割りをしているというわけです。

 

では、心はどうでしょうか?

現実的なことを頭に描きながらも、「彼、喜んでくれるかなぁ……」など、今現実にはない未来を想像することもできます。

心はそうした、今ここにはないものを映し出すことができます。

 

それに、身体能力には限界がありますが、心の能力には限界がありません。

イメージの世界はどこまでも無限大に広げることが可能です。

なぜかというと、目や鼻や鼻は現実に存在しているものなので、必然的にその能力働く範囲も決められているから。

でも心は、臓器のように現実には存在しません。

だから、どこでも自由に、そして無限大に動き回ることができるのです。

もし人間の心が目や臓器のように、限られた場所に、限られた大きさで存在しているとしたら、きっとイメージできる世界も限られたものになるのでしょう。

そうなれば、余計な苦痛を感じたり悲しむことはないかもしれません。

けれど、夢をみることも、人を愛することもなくなってしまうのかもしれません。

心はどこまでも遠くへ

目を閉じて、好きな人を想像してみてください。

あの人は今、どこで、何をしているだろう?

そうすると、今目の前にはいないはずの、その人の姿や、光景が浮かんできませんか?

それは心が自由に飛翔できるから、どこへでも行けるし、イメージだってどこまでも膨らませることができるということ。

 

心が元気なら、心はどこまでも自由に羽ばたき、広がっていきます。

それは、心が不元気だったりするときには、心も収縮してイメージが広がらず、視野の狭い状態になってしまうということ。
心が健全な状態でないと、「あの人は今何をしているかな」と思いを馳せる余裕もないし、心の広がりなど持てるはずがありません。

心は手で触れられるものではないだけに、とても難しいもの。

けれど、逆にとても自由なもの。

あなたらしい心を作り、育てていくことで、自分の心に愛着が持てるはずですよ。

-コラム, ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.