ライフスタイル

ハリーポッター!改めて復習しよう!

公開された順番

  1. ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)
  2. ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)
  3. ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)
  4. ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)
  5. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)
  6. ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年)
  7. ハリー・ポッターと死の秘宝PART1(2010年)
  8. ハリー・ポッターと死の秘宝PART2(2011年)

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年)

両親を亡くし、親戚の家で育てられたが、ハリーの部屋は階段下の物置小屋。そんなある日、11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。なんと魔法魔術学校の入学許可証で実は両親は有名な魔法使いだった。手紙に導かれるまま入学し魔法使いになるために勉強をはじめる。ハーマイオニーとロンという友達もできたが、学校の隠された秘密に気付いたハリーは。。。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年)

ハリーは夏休みをダーズリー家で過ごしていたが、相変わらずの意地悪な一家にうんざりしていた。そんなある日、ドビーという「屋敷しもべ妖精」が現れ、ホグワーツへ戻らないように警告する。しかしロンとハーマイオニーといっしょに2年生になった。やがて、校内で不気味な出来事が次々と起こり始める。。。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年)

13歳になったハリーは、夏休みをまた意地悪なダーズリー家で過ごすことになった。あまりの仕打ちに耐えかねたハリーは魔法界以外でも魔法を使ってしまう。お咎めを恐れたハリーはダーズリー家から脱出す。一方、名前を聞くだけで誰もが震え上がる刑務所アズカバンから史上最強の凶悪犯シリウス・ブラックが脱獄してしまう。シリウスはハリーの命を狙っているというが。。。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年)

ホグワーツ魔法魔術学校で4年生となったハリーたち。ホグワーツでは今年伝説の「三大魔法学校対抗試合」が行われることになったが、ハリーが参加資格がないのに代表選手として選ばれる。しかし他の生徒からは反感を買い、親友のロンとも絶縁状態になってしまう。一方で、ついにヴォルデモート卿が復活してしまった。ハリーが大会にエントリーさせられたのもこの墓場に誘い込むためだった。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年)

ハリーたちは、ホグワーツ魔法魔術学校で5年生になった。魔法界の人間はヴォルデモート卿の復活をハリーの作り話だと思っている。そんな中、ハリーは、ハーマイオニーたちといっしょに「ダンブルドア軍団」を結成し、闇の魔術から身を守る方法をメンバーに教える。一方ダンブルドアもヴォルデモートに対抗すべく秘密同盟「不死鳥の騎士団」を結成する。しかし、ヴォルデモート卿もまた自分を慕う者を集め、ハリーの抹殺を図ろうとする。

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年)

ヴォルデモート卿の支配力が強くなり、ホグワーツはもはや安全な場所とはいえない状況。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートの防御を解くカギを見つけるため、ホラス・スラグホーンを学校に迎える。彼は、ダンブルドアの旧友で元同僚でもあり、とても重要な情報を握っているという。そして、ダンブルドアはこれから1年間、自分の個人レッスンを受けてほしいとハリーにお願いする。

ハリー・ポッターと死の秘宝PART1(2010年)

ホグワーツ魔法魔術学校の最終学年7年生になったハリーは17歳。親友のハーマイオニーとロンと共に、宿敵ヴォルデモート卿抹殺の使命を果たすため、魂が宿った分霊箱探しの旅に出る。しかし、困難な旅によって仲間割れが起きてしまう。また、ヴォルデモート卿が復活し、ホグワーツも死喰い人に支配されている。そんな中、死喰い人はヴォルデモート卿の命令によりハリーを生け捕りにしようとしていた。。。

ハリー・ポッターと死の秘宝PART2(2011年)

ヴォルデモート卿は、死の秘宝である「ニワトコの杖」を手に入れ完全に復活した。彼は、死喰い人を連れ、ホグワーツを包囲し最後の大決戦へと向かっていた。ミネルバや教師たちも総力を挙げて学校を守っていたが、激しい交戦により命を落とすものも。。。一方ハリーたちは、ヴォルデモート卿の不死の力となっている「分霊箱」を探し、破壊していた。

まとめ

いつも、ハリーポッターの映画の順番がわからなくなる筆者です。

その度に何度も同じ映画を見てしまう事が。笑

このまとめでいざという時間違わずにすみそうです!!

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.