ライフスタイル

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠とノンレム睡眠聞いた事はありますよね!

でも、深い眠りと浅いねむりの違いしかわからない……。

なんて方も多いのでは?

そこで今回は、レム睡眠とノンレム睡眠をよく知り、質の良い睡眠を手に入れましょう!

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠というのは、眠っていても眼球が動いている、眠りの浅い状態です。

またノンレム睡眠は、眼球が動かない眠りで、ぐっすり寝ている状態です。

眠りにおちてすぐに深い眠りのノンレム睡眠になり、次に浅い眠りのレム睡眠になります。私たちは、だいたい90分でノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。

そして寝る事は大きな役割のひとつに、脳の老廃物を排出する、という作用があります。

この作用は、24時間の中でも深い「ノンレム睡眠中」にしか起こらないことが判明しています。深く眠ることでしか脳はリフレッシュできないのです。

熟睡するために

睡眠時間の2割は「レム睡眠」、8割は「ノンレム睡眠」です。

脳はそれだけ休息を必要としています。「ノンレム睡眠」の後に「レム睡眠」が来る、その1サイクルを4~5回繰り返すうち、一番深い睡眠が取れるのは1、2セット目です。

3サイクル目から浅く、時間が短くなります。

そのため、寝入りばなの3時間で深い2セットがきちんと取れれば、脳はかなり休まります。「レム睡眠中」は記憶の整理や夢を見たりしています。浅い「レム睡眠」のときに起きれば、すっきり起きることができます。

レム睡眠の時に起こしてくれるアプリもありますよね?

駆使しておい睡眠を手に入れましょう。

睡眠のサイクルが崩れると?

「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を繰り返すことで、脳と身体がバランスよく休まり、疲れが取れていきます。新陳代謝を促す成長ホルモンも、このサイクルに従って分泌されます。

また、脳の老廃物は深い「ノンレム睡眠」のときにしか排出ができません。

このサイクルが乱れると、不眠や体調不良を起こします。

睡眠はとても大切なのです。

美肌作りにも……

入眠直後の深い眠りに、脳下垂体から成長ホルモンがまとめて分泌されます。

その後の浅い「ノンレム睡眠」や「レム睡眠」どきにはほとんど分泌されないことが知られています。

成長ホルモンはその名の通り、身長や骨格の形成など、身体を成長させる働きをするそうです。

これは成長期だけでなく大人になっても分泌されていて、疲労回復、細胞修復、新しい細胞を作り出すなど、新陳代謝を促進させる働きをします。

しかし、眠りが浅いと、分泌は3割程度まで減ってしまうので、老化防止や美肌作り・ダイエットのためにも深い睡眠は必要となります。

ですから、成長ホルモンを得るためにも材料となる栄養バランスを整え、安定した深い睡眠をとることが必要になってきます。

まとめ

正直睡眠がここまで大切だとは思っていませんでした。

明日からしっかりとした睡眠をとっていこうと思います。

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.