妊娠・出産・子育て

子を持つタイミング

いよいよ出産まで2ヶ月を切りました。
逃れられない陣痛、出産が目の前に迫り、恐怖と不安でいっぱいです。
できれば回避したいですものですね……
出産のことも、出産後の生活も、今は不安の方が大きいです。
「なかったことにできないかなあ」と思う瞬間も、正直あります。
そんな気持ちを、夫によくぶつけてしまうのですが、その度に夫は話を聞いて慰めて(?)くれます。
正直に言うと、我が家は計画的な子作りではありませんでした。
彼と結婚するには子どもを持つことが必須条件になっていたので(できなければそれでいいとは言っていましたが、人生のステップとして子孫繁栄は当然と思っています)、いつかは産まなければいけないとは思っていたのですが、予期せぬタイミングでの妊娠でした。
私は「子どもが欲しい」と思う気持ちにだいぶ波がある人間でして、妊娠した当時は「まだ自分の人生を満喫したい」と思っていた時でした。
そんなタイミングでの妊娠だったので、産むと決めてからも「早く子育てを終えたい、早く子どもに自立して欲しい」とずっと思っています。
先日もそんな話を夫にしたところ、彼はこんな風に言いました。
「結婚する時に何年後に必ずと言っても授からない場合もあるし、キャリアが落ち着いたら趣味が落ち着いたらなんて言っている場合は結局一生そんなタイミングは訪れないと思う」
確かに、結婚して1年後から子作りをすると言っていた友人は授かるまでに7年かかりました。
いずれは、と話を濁して結婚した友人夫婦は子どもへの温度差が原因で離婚しました。
一方でDINKSと決めて結婚した夫婦は楽しそうにやっています。
彼は常にエリート集団の中にいて、特に「キャリアが落ち着いたら」という言葉を全く信用していないようでした。
子どもがいるいないが幸せ不幸せなのではなく、子どもを作ることへの温度差が幸せ不幸せを左右するのでしょうか。
とすれば、絶対に子どもが欲しかった彼と子どもへの熱意に波がある私では、予期せぬ妊娠はちょうどよかったんだろうなと思います。
母になる自覚は芽生えていませんが(笑)、早く我が子に逢いたいとは思うようになりました。
子を持つタイミングは、カップル夫婦それぞれです。
ただ、子どもを持つか持たないか、持てなかった場合どうするかということはしっかり話し合わなければ、お互いが不幸になってしまいます。
綺麗事だけでなく、現実的な問題も踏まえ、しっかりとごまかすことなく話し合うことが大切だと思います。

-妊娠・出産・子育て

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.