ライフスタイル

自己愛性パーソナリティ障害の特徴

自己愛性パーソナリティ障害とは

自己愛性パーソナリティ障害とは、自分に対して誇大なイメージを抱き、注目や称賛を求める一方で、他者からのマイナスな評価に対して過敏に傷つきやすく、他者に対する共感性が薄いことを特徴とする障害です。

自己愛性パーソナリティ障害の人は、自己愛が未成熟な状態にあると言えます。

自己愛が未成熟な状態とは、ありのままの自分を受け入れ愛することができていない状態をいいます。

その未成熟さの現れが「自己の誇大化」、「他者からの評価に対する過敏さ」、「共感性の薄さ」になります。

例えば自分自身が掲げる理想の姿が高く、「自分は特別」「自分はできる人間だ」という思い込みが強い傾向があります。

そのために誇大な言動が表出します。「自分はできる人間だ」と思い込んでいるために他者からの評価を受け入れることができず、怒り出したり、過敏に傷つき、引きこもりやうつ病になったりすることもあります。

さらに共感性の薄さによって、相手の立場に立って物事を考えることができず、その場にふさわしくない言動をしていたり、自分の目的達成のために友人を利用したりするような対人関係がみられることをいいます。

以上の傾向に柔軟性がなく、持続的で、社会生活が困難になるほどの苦痛を引き起こしている場合に自己愛の歪みや未成熟さがあり、自己愛性パーソナリティ障害と判断される場合があります。

自己愛性パーソナリティ障害の特徴

自己愛性人格障害者は、「自分が完璧であるために」、「自分の理想通りの自分でありたいために」、「周囲から羨ましがられる存在であるために」嘘をつくことがあります。

周囲の人間からは、「見栄っ張り」としか思われないのですが、自分自身を特別な存在であると思っているがゆえにつく、全く悪気のない嘘です。

 誇大妄想的になっている時は、学歴、資格、職歴を偽り、自分が天才のように演じます。

また、経済的にも貧しい生活を嫌うために、お金を持っているようにみせかけるものの、実は預貯金もなく借金がある方も少なくないのです。それは、誰の為でもなく、誰にプラスになるわけでもないのですが、自分を良く魅せたとい為の嘘なのです。この障害の特徴的なものだと言えます。

自己愛性人格障害の女性は自信に満ち溢れており、また、自分の為にファッションや美容関係の知識を多く持っている人が多い為、身形が綺麗で女性的な魅力を持っている人が多いです。

また自己愛性人格障害の女性の場合「自分を褒めてくれる人」を求める特徴を持つ為、初対面の人に対しては良い印象を与えようとしている為でもあります。

2つのタイプ

自己愛性パーソナリティ障害の人は「3つの自己」を持っているといわれています。

周囲を気にしない「無自覚型」タイプ

このタイプの人は、自分はできる・自分は特別だと思い込み、社交的に振る舞いつつも他人のことには興味はなく自分の利益だけを考えています。

このタイプの人が他者と親しく付き合うのは、自分に何かしらの利益があるからだと考えているためですが、自分の意向に沿わないときや責められると激怒することがあります。

このような言動は本来の弱い自分を守るための防衛本能だといわれています。その他にも次のような特徴がみられます。

・わがまま・傲慢な態度をとる

・自分に夢中で他人のことは全く考えない

・注目の的でないと気に入らない

・他者に対する言葉づかいは常に攻撃的

・他者の反応を気にしない/怒りに表わすことで気にしないことにしている

・他者の気持ちを傷つけても平気

周囲を過剰に気にする「過敏型」タイプ

このタイプは身の丈に合わない理想化した自分自身を掲げますが、現実の自分との間にあるギャップに悩みます。

他者からの評価に過敏ですぐに傷つきますが、自分には本当は才能があるという思いを持ち続けています。

それゆえに自分自身を責めて落ち込んでいくサイクルが続きます。他にも次のような特徴がみられます。

・内気で恥ずかしがり屋

・自分の意見や感情を出さない

・傷つけられたと感じやすい

・注目の的になるのを避ける

・他者の反応に対して敏感に落ち込む

・他者からの評価を気にする

原因は家庭環境?

幼少期の子どもの「お母さん(お父さん)見て!」という承認欲求に対して、親が肯定的に応えて「共感」の態度をとることは、自己愛の形成に大きな影響を与えているといいます。

幼い子どもはみな誇大な自己を持っていて、なんでもできる気になっています。そして親に褒められたいと思うようになり、顕示し承認されることで自己愛を育みます。そして成長に伴ってその理想像が変化し、親から褒められることがそれほど重要なことと思えなくなっていきます。

それがまさに自己愛の成熟の過程の一部です。

または、本人の気質的要因と家族がつくりだす環境的要因の2つが作用していると考えています。

気質的要因はこれまで述べた通りです。環境的要因として過剰な期待をのせて、才能を褒め立てて「特別な子ども」と言い聞かせて育てたり、体の弱い子に対して過保護になったりすることが挙げられます。

良かれと思っていても過度にそういった行動をすると自己愛が成熟せず、未成熟の状態が続いてしまいます。

まとめ

自分では気づかない部分かと思います。

自分を客観的に見る事や、信頼できる友達と話あうこともいいかもしれません。

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.