ライフスタイル

どうしても眠い時……どうしたら?

朝起きたけど、どうしても目が覚めない時ってありますよね?

そんな時にどうしたら良いのか……。

色々と調べてみました!

カーテンを開ける

朝起きたらまずカーテンを開けて、朝の光を部屋に入れましょう。

朝日を浴びると、体内時計をリセットできる。生活リズムをつくるためにも欠かせないテクニック!

起きたら布団の中で体をゴロゴロ

人間の脳は、体温が上がると覚醒する。

それには、手や足を動かすとよい。布団の中で手をグーパー、足をバタバタ、体を左右にゴロゴロするだけでOK。

スヌーズ機能は1回限定に

スマホなどの目覚ましが何度も鳴るスヌーズ機能。

起きてまた寝るという浅い眠りを繰り返すと、もっと寝たくなってしまうらしい。

朝のスッキリ感を損なわないため、スヌーズ機能は1回限定で使いましょう!

水を1杯飲む

朝、食欲がないときでもコップ1杯の水を飲もう

胃腸が刺激されて、体が目覚めます!

冷たい水で顔を洗う

冷たい水で顔を洗うとシャキッとする。

これは、人間を活動モードにする交感神経が活発になるためで、一気に体の目覚めスイッチが入る。

シャワーを浴びる

朝は熱いシャワーを浴びるのもおすすめ。

交感神経が活発になる。

逆に、夜はぬるめのお風呂に入ると、リラックスしているときに働く副交感神経が優位になり、眠りやすくなる。

音楽やラジオをかける

耳からの刺激を受けると、脳が起き、ラジオ番組や好きな音楽を、何かをしながら聞くだけでも、どんどん目覚めていくらしい。

頭が目覚めてきたところで、新聞やネットをチェックするという順番がよい。

朝ごはんを窓際で食べる

体内時計が整う朝日の入る窓のそばで、胃腸が目覚める朝食を取れば、スッキリ効果は倍増。

カフェで朝ごはんを食べるなら、意識して窓側の席にしましょう!

バランスの良い朝食

よく眠れない、1日中だるいという人は、栄養不足が原因の場合も。「炭水化物と脂質に偏った食事は要注意!!

まとめ

朝の目覚めが良い日って1日気持ち良いですよね!

是非実行して気持ちの良い1日を手にいれてみましょう!

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.