美容

クレンジングをする前にする事

あなたはちゃん洗顔できてますか?

クレンジングの基本を徹底的におさらいしていきましょう!

メイクを落とす前に手を洗う

まずは、クレンジング前にきちんと手を洗う。雑菌が手についたまま顔に触れてしまうと、ニキビなどの肌のトラブルの原因になる恐れが。

石鹸を使って、しっかりと雑菌を落としてから、顔に触れましょう。

目もと・口もとのポイントメイクは先に落とす

全体のメイクを一気に落とそうとすると、無理にゴシゴシしてしまい、肌への負担が大きくなる可能あり。

基本的には目もと・口もとのポイントメイクは専用リムーバーを使って、先に落としましょう。

乾いた手に適量のクレンジングを

濡れた手で使用できる商品もあるけれど、メイクを落とす効果が薄まる可能性があるので、基本、クレンジングは乾いた手で。

また、クレンジングの量が少ないときちんと落ちなかったり、摩擦が直に伝わり肌への負担が増えるので、適量を使うように。

皮脂の多いTゾーンから洗い、次に頬、目や口周りは皮膚が薄いので、一番力の弱い薬指を使って優しくクレンジングを行っていきましょう。

ぬるま湯ですすぐ

クレンジングをすすぐ際、お湯が熱すぎると、お肌に必要な油分まで落としてしまい、乾燥の原因に。

逆に、逆に過ぎても毛穴が閉じてしまいきちんとメイクオフできない要因にも。

すこしぬるいなと感じるくらいの、30~32度くらいのぬるま湯で洗顔をしましょう。

そうすれば、しっかり汚れが落ちて、その後のスキンケアの浸透力アップ期待できるはず!

清潔なタオルで優しく水気を取る

ゴシゴシとタオルで拭くと、摩擦で肌に負担が。

拭くという意識よりも、清潔なタオルをポンポンと当て、水気を吸い取るように。

毎回清潔なものを使いたいのなら、ティッシュを使うのも手

クレンジングするときの注意点

クレンジング剤はケチらない

少ない量のクレンジング剤ではメイクと完全に馴染むことができず、うまく落とすことが出来なくなってしまう可能性が。そんなことを繰り返していると、毛穴がつまってしまうので、クレンジング剤はケチらずに使って。

熱いお湯を使わない

洗い流す際に熱いお湯を使うと、クレンジング剤だけでなく、必要な皮脂も一緒に洗い流してしまう可能性あり。乾燥肌や小じわの原因となるので、36~38℃程度を目安にして。

ゴシゴシとこするようになじませる

落ちないメイクを落とそうとしてゴシゴシすると、摩擦によって肌に負担が大。クレンジングは正しい使い方をすれば、きれいに落とすことが出来るので、もう一度自分に合ったクレンジングを選びなおし、使い方もおさらいしてみて。また、洗い終わりにタオルの端っこで、目の際をこするのもNG。目もとの洗い残しは、綿棒を使って落として。

クレンジングをしながらマッサージ

マッサージに使えるクレンジング剤もあるけれど、それ以外の商品では絶対にマッサージしないで。肌に負担がかかり、乾燥などの肌悩みをもたらす原因となりうるので控えましょう。クレンジングはあくまでメイクを落とすアイテム。美容家の深澤亜希さんいわく、クレンジングを付けてから洗い流しまでを、1分以内で終わらせるのがグッドなのだとか。

-美容

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.