美容

ボディーメイクをしたいけど、どうしたら?

最近よく聞く「ボディーメイク」ダイエットとは違うらしい……

そこで今回はボディーメイクについて調べてみました。

ボディメイクとは

一見すると似たような言葉に見える「ボディメイク」と「ダイエット」。

実は異なる意味があるのをご存知でしょうか。

そもそもボディメイクとは、理想の体型やボディラインを作る目的で、トレーニングを行うことを意味します。

ここでいう理想とは、「お腹を引き締めてくびれを作りたい!」「もっと筋肉をつけて腹筋を割りたい!」「太くてたくましい脚になりたい!」のようなイメージです。

理想とする体型やボディラインについて、明白な目標があります。

ボディメイクの目標は、「痩せたい!」のような漠然とした思いとは異なり、具体的です。

人によって理想の体型やボディラインの形はさまざま。

場合によっては、体を引き締めるだけでなく、筋肉をつけて線の太さを目指すこともあります。

 理想の体型やボディラインを作るには、正しく筋肉をつけなければなりません。

また、その理想は一人ひとり異なります。

どれくらい筋肉をつけたいかは人それぞれ。目標に応じて自ずとトレーニング内容や食生活も変わってくるでしょう。

ボディメイクでは、一人ひとりの理想の体型やボディラインを作るために、最適なトレーニングや食生活を実施します。

効率よく体を鍛えて、積極的に仕上がりの美しさを求めるのが、ボディメイクの特徴といえるでしょう。

ダイエットとは

一方で「ダイエット」という言葉は、美容・健康分野のキーワードとして多くの方にとって馴染みがあるのではないでしょうか。

そんなダイエットの意味は、一般的に美容や健康増進を目的として減量を行うことを指します。

特に日本国内においては、減量による痩身を目指すのを「ダイエット」と呼ぶことが多いようです。

たとえば、現状で肥満の状態にある方が、体重を落として痩せ気味を目指すのが、よくあるダイエットのイメージでしょう。目標体重の例には健康体重・理想体重・美容体重などがあり、「マイナス○kg」といった形で目標を立てます。

なお、英語の「diet」という言葉は、本来は痩身を意味するわけではありません。

海外におけるdietは、日常的な食事制限による健康維持や肥満防止を意味します。

単純に“痩せる”という国内のダイエットのイメージとはやや異なるようです。

おぜきとしあきさん流・筋トレのやり方

体積を減らす

まずはいろんなトレーニングができる身体になるための運動から。

かかと上げをしたまま行う“つま先バランススクワット”なら、全身の筋肉を一度に鍛えられて効率的。毎日5回×3セット。

シセトレでボディメイクの効果が表れる身体に

運動で成果を上げるには正しい姿勢がマスト。

骨盤の関節角度を正す筋トレで、骨盤を正しい位置にする筋肉コルセットをつくり、骨盤を垂直にしっかり固定を。

壁に手をついて、脚を付け根から外回り・内回りに回して、関節をゆるめるトレーニングで、固まった骨盤をほぐして。毎日片足ずつ各3回ずつ×3セット。

骨盤ぐるぐるまわしトレーニング

モデル筋をつけて理想の体型をゲット!

モデルのようにすらりと直線的な姿勢になるために欠かせない“モデル筋”を鍛えるトレーニングでフィニッシュ!床に平行に両手を伸ばした状態で、床と平行になるまで腰を落とすスクワットで、憧れの内ももの隙間をゲット! 毎日5回×3セット。

前脛骨筋トレーニング

内ももスクワット

まとめ

毎日地道にボディーメイクをしていきましょう。

まずは初めの一歩を踏み出すことから!

-美容

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.