美容

ニキビってなんでできるの?

皮脂やアクネ菌があるとニキビができる?

こんな甘い知識しかない筆者です。

今回はニキビを作らないための対策などを調べてみました。

ビタミンB群不足

肌のトラブルは、栄養バランスが乱れた結果とも言えます。

ニキビにも深く食生活が関係しています。

脂っこい食事やインスタント食品、甘いスナック菓子の食べ過ぎは特に注意が必要です。

脂肪分や糖分は皮脂の栄養となりやすく、過剰にとると皮脂の分泌も増加します。

皮脂が毛穴に溜まり、ニキビにつながるというわけです。

また、脂肪分や糖分が体内に入ると、肌を健やかに保つビタミンB群が代謝のために大量に消費されて不足がちになるそう。

皮脂分泌のコントロール機能が乱れて肌が脂っぽくなり、ニキビ肌になります。

逆にカロリーを抑え過ぎる無理なダイエットも、肌に栄養が行き渡らずに荒れたり、ニキビができやすい状態に。

肌やからだを育む栄養を考えながら、バランスよく食べる習慣をつけていきましょう。

ゴシゴシは禁止!

肌にいいと思っていたスキンケアやお手入れが、実はニキビを進行させていることも。

たとえば、脂っぽい肌をすっきりさせようとして1日に何度も洗顔するのは禁物。

必要なうるおい成分まで落として角質が厚くなったり、肌が余計に皮脂を出そうとして、かえってニキビができることがあります。

逆にクレンジングが不十分な場合も、メイクが毛穴に残って、ニキビをつくる原因になります。

肌にとって、こするなどの刺激もよくありません。

メイクやマッサージの時に強くひっぱったり、またニキビを触るのも炎症の元に。

からだにできるニキビは衣類のこすれでもできやすくなるため、皮脂が気になっても、ゴシゴシとこすり洗いは避けてください。

油分の多いスキンケアやファンデーションも毛穴をふさぎ、詰まらせることでニキビを誘発します。

メイク用のブラシやパフも雑菌がつきやすいのでいつも清潔にして使いましょう。

ポツポツが気にならない肌をめざすには、毎日正しいお手入れを重ねることが基本です。

乾燥大敵!

ニキビができるのは、オイリーな肌に限られているわけではありません。

10代の思春期ニキビの大きな原因は、過剰に分泌された皮脂。

でも20歳以降の大人ニキビは、乾燥した肌にできやすくなります。

たとえば「乾燥するのに肌がベタつく」というのも、大人のニキビ肌によくある症状。

肌の表面が乾燥すると、皮膚の機能がうるおいを守ろうとしてたくさんの皮脂を出すように働くからです。

そして、過剰に分泌された皮脂が毛穴を詰まらせて、ニキビができるということに...。

また、乾燥した肌はターンオーバーの乱れから角質が硬く厚くなり、毛穴を狭めてしまうため、ますます皮脂が詰まりやすい状態になります。

ニキビだからといって皮脂を取り除くと、ますます乾燥に傾く大人の肌。

スキンケアやサプリメントで肌の内側と外側から乾燥対策を徹底。うるおう肌を育む習慣でニキビも予防できます。

ホルモンの関係

生理の前にきまってできるニキビ、そして思春期ニキビには、ホルモンバランスが影響しています。
性別に関係なく、私たちは体内に男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持っています。

男性ホルモンの中には皮脂の分泌を促す働きがあり、生理前には活発に。

毛穴のまわりの皮膚を厚くする⻩体ホルモンも同時に活発になり、バランスが崩れ、毛穴が詰まりやすい状態になっています。
さらに健やかな肌を保つ女性ホルモンのエストロゲンもうまく作用せず、肌が乾燥。

古い角質が毛穴に溜り、ニキビが発症しやすくなります。
また、思春期にニキビができやすいのは、成長期でホルモンバランスが崩れやすく、皮脂の分泌が増えることが原因です。
ストレスや食事などで乱れやすいホルモンバランス、生活習慣を見直して意識的に整えることが重要になってきます。

睡眠は大切

忙しくて睡眠不足になったとき、ニキビができることが多くないですか?

夜更かしや眠りが浅い、また就寝時間が日によってまちまちという場合もニキビのリスクが高まるんです。

皮膚は眠っている間にダメージを修復して、新しい皮膚をつくっています。

寝不足が続くと、修復がうまくいかずにターンオーバーにも影響が。

古い角質が残ったままになり、毛穴の詰まりとニキビの原因になります。

不規則な睡眠でも、からだのリズムが混乱して、肌細胞を活性させる成長ホルモンの分泌が低下。

健やかな肌を育むことが難しくなります。

また、パントテン酸を含むビタミンB群が足りなくなるとぐっすり眠れなくなることもあるので、きちんと補う習慣をつけましょう。

22時〜2時の間にはできるだけベッドの中へ。

早寝早起き、規則正しい睡眠がニキビに悩まない肌へのカギと言えます。

紫外線

ニキビができやすい肌はいつもより敏感。紫外線によるダメージもより強く感じてしまいます。

皮脂は紫外線を浴びることでコメド(面皰)になりやすく、毛穴が詰まりやすい状態に。

重ねてアクネ菌が分泌するボルフィリンに紫外線が当たると大量の活性酸素が発生。

ニキビをさらに炎症させていきます。

ニキビは日焼けするとシミになりやすいこともあり、徹底した紫外線対策が必須です。

肌にやさしいタイプの日焼け止めとあわせて、活性酸素を取り除くビタミンCやビタミンB2を補う内側からのケアも忘れずに。

手先、足先の冷えから?

冬でなくても、手足が冷えるなら、ニキビも心配です。

からだが冷えるのは、体内の血のめぐりが滞って、代謝が低下しているから。

肌の細部にまで栄養がめぐらずに、健康な肌をつくれなくなっています。

冷えが続くことで肌も乾燥し、ホルモンバランスも乱れやすくなり、肌荒れやニキビに悩まされがちになるのです。

夏でも強すぎる冷房や薄着、血行不良につながるタバコは、肌のためにも考えた方がよさそうです。

毎日の料理もからだを温める食材を取り入れて。肌のビタミンと言われるビタミンB群は、エネルギー代謝に働き、冷えの改善にも役立ちます。

目のポツポツは気候の変化と花粉が影響?

からだの一番外側で、紫外線やさまざまな刺激からからだを守っている肌。

花粉や大気汚染などの刺激を受けやすく、トラブルを感じやすいと言えます。

春や秋などの季節の変わり目にポツポツと出やすい場合は、花粉の影響にも気を付けて。

気候の変化にからだがついていない時期でもあり、花粉が引き金となって肌トラブルが出やすくなります。

夏に向けて、皮脂分泌が活発になっていくのも気になります。

また、年間を通して気を付けたいのが大気汚染。

細かい粒子の化学物質などが毛穴に入ると皮脂と結び付いて炎症を起こし、ニキビの症状がでることがあります。

刺激に負けないように、日頃から体調管理。肌のターンオーバーとバリア機能を整えておきたいですね。

ストレス

仕事や家事、プライベートに忙しい毎日。

知らず知らずのうちにたまったストレスもニキビをつくる原因になっています。
ストレスが積み重なってくると、からだは負けまいとして、炎症を鎮める体内成分を多量に消費します。

すると肌の炎症を鎮める分が少なくなって追いつかず、ニキビができてしまいます。
同時にストレスを受けると体内に活性酸素が発生。

細胞を傷つけて、免疫力が低下することで、ニキビを防ぎにくくなります。

さらに活性酸素はコラーゲンなどの美肌成分を攻撃。

肌の再生がスムーズにいかず、ニキビが治りにくく、跡ができることにもなります。
きれいな肌のためにも、上手にストレス発散。できるだけおおらかな生活を心掛けたいですね。

まとめ

改めてニキビが出来やすい状態を確認すると、実際にしてしまっている事も多く気をつけなければと思いました。

目の周りのポツポツについては花粉が関係しているなんて知らなかったので驚きました。

-美容

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.