美容 美容整形

いまさら聞けない!? ボトックスってどんなもの?

 

ボトックスだのボツリヌストキシンだのと美容整形、プチ整形でよく名前を聞きますよね。

すごくポピュラーな注射です。

小顔にする、シワをとる、はたまた汗をおさえる?

ずいぶんいろいろな効果があるみたいだけど、なんだかよくわからない、でもいまさら人に聞くのもなんか気が引ける……

今回はそんな人たち向けの記事です。

ボツリヌストキシンはなにをするもの? →神経の遮断です!

 

ボツリヌストキシンというものが主成分の注射です。

これはボツリヌス菌という最近の作る毒素を生成したもの。

毒!? ちょっとびっくりしますね。

でも使いようなんです!

この毒素は注射した部分の神経の伝達を止めてしまいます。

神経が指令を伝達する足みたいな部分を使えなくしてしまう。

具体的にどんなことに使えるの?

例えば「小顔ボトックス」と呼ばれるもの。

耳の下側の筋肉で、物をかんだ時・奥歯をかんだ時にポコッと出てくる咬筋(こうきん)。

ここに注射すると、咬筋への「動け」という伝達が一部できなくなってしまうので、その部分の筋肉の動きが弱くなります。

そうすると時間の経過と共に「筋肉が弱まる」=「小さくなる」のでエラのあたりがほっそりして小顔効果をもたらします。

筋トレすれば筋肉は大きくなるし、やめてしばらくすると筋肉は小さくなる。

全く一緒ですね。

筋肉の動きを抑えるので、目尻・みけん・おでこ等のシワにも効果的です。

これらのシワは表情筋によるもの、すなわち動いてできるもの。

動いてできるシワにはその部分の筋肉に注射してあげれば、動きが抑えられてシワがよらなくなる。

シワをその時よらせない、だけではなく予防にもなります。

繰り返し動くことでシワはだんだん深くなり、しまいには刻み込まれてしまうもの。

それを未然に防ぐのです。

汗を出す神経にも応用できます。

ワキの汗が出る部分に細かく注射してあげると、「汗を出せ」の指令ができなくなり、ワキ汗が格段に減ってしまいます。

夏のワキの汗じみが恥ずかしい、なんて人にすごく人気ですね。

でも効果は切れちゃうんだよね?

神経伝達する足を抑えてしまうことで、上に書いたような様々な効果をもたらします。

ただ、時間が経つと新しい神経の足が伸びてきて、また指令を出せるようになってくるのです。

人間の回復力はすごい。

なので効果は2~6か月くらいの間であることがほとんどです。

効果は切れてしまうけれども、繰り返し打つことで筋肉が小さくなればエラの小顔は持続するし、笑いジワが深くなっていくのを防ぐこともできますね。

ワキ汗に関しては夏の間に効くように、6月や7月に注射する人が多いようです。

ボトックスという名前について

ボツリヌストキシン注射って書いてあったり、ボトックス注射って書いてあったり、まちまちなのは何故でしょう?

いわゆるボトックス注射とは、A型ボツリヌス菌毒素製剤を使っています。

いろいろな会社が出しているA型ボツリヌス菌毒素製剤があるのですが、ボトックスの名前を使えるのは1社だけ。

「ボトックス®」という名称はアメリカのアラガン社の登録商標です。

ベストセラー製剤となり、この名前はめちゃくちゃ浸透しました。

なので今でも代表例として、他のものを使っていてもひっくるめてボトックス注射とよばれたりするわけです。

わかりやすいですからね。

宅急便、これもよく使う言葉ですが、実はクロネコヤマト(ヤマト運輸)の登録商標なので他の会社はこの呼び方をつかえません。

これと同じ。

クロネコじゃなくても、「○○運輸に宅急便を出す」というのを通常使っていますもんね。

 

余談ですが調べてみると……

セロテープ、タッパー、ラジコン、プラモデルなんていう言葉も商標登録されています。

「トレーナー(服)」という名称も商標登録とのこと、全く知りませんでした、びっくりですね。

最近ではティラミス屋さんの商標登録が問題になりましたね……

 

ということでボトックスという名前は使えないものの、同じような製剤はいくつもあります。

例えば整形大国である韓国からは元のボトックスのジェネリック、全く同じと言っていい製剤がいくつも出てきています。

それらを含めておおざっぱに言えばボトックス注射。

細かく正確にいうのならば言えば、ボツリヌストキシン注射。

そんな呼び名になっているのです。

 

ボトックスは安全?

表情が硬くなってしまう、だとか目の開きが悪くなっちゃった、などというネガティブな話を聞いたことがある人も多いはず。

変な場所に注射すると、そういったことを起こすことは簡単です。

 

例えば目の下に何カ所か注射すると、笑ったときに目の下が動かなくなり、ひきつった顔みたいになってしまう。

目が重くなっていて(眼瞼下垂なんていいいますね)、おでこの筋肉を使って目を開けている人にはボトックスは不向き。

目が開きにくくなってしまいます。

時間が経てば効き目が切れるので元に戻りますが、長い時間待たなくてはいけないので大変です。

 

怖い事を書きつらねましたが、普通にきちんと施術行えばこんなことにはなりません!

きちんとした場所にボツリヌストキシンを注射してくれるクリニックを見つけることが、変なことにならず、目的の効果を達成する一番のポイントとも言えますね!

 

最後に

 

韓国製の安価な製剤でも効果は確かです。

アラガン社ブランドのボトックスにこだわる人もいますが、違いはありません。

そこはあとは好みです。

 

やはり、製剤選びよりもクリニック選びが重要!

 

-美容, 美容整形

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.