恋愛

時間の無駄! 脈ナシLINEの特徴。

好きな人とLINEの交換ができて、やり取りができるようになったら、気になるのが脈ありか脈なしか。

LINEって結構ダイレクトに脈がわかったりします。

そこで今回は、男性の脈なしLINEをご紹介。意中の男性がこんなLINEなら、もう他の男性に行ったほうがいいかも?

既読スルー・未読スルー

どんなに忙しくても好きな女性からLINEが来たら、既読スルー・未読スルーなどしません!

返信が遅くなった場合は丁寧に「返信遅れてごめんね」と一言謝りも入れて返信をしたりしますから。

稀に、返信をするつもりでいたのに、返信を忘れてしまった! と既読スルー状態になることもありますが、好きなら連続で既読スルーはありえませんからね。

2、3通送って既読スルー・未読スルーなら、もう次に行きましょう。

返信は来るが質問に答えるだけ

彼からちゃんと返信は来るけど、質問の内容に答えるだけで、彼が話を広げたり掘り下げたりすることはない、彼発信のLINEが一通もない……というのならもう諦めどき。

返信が来るのは好意があるからではなく、彼の性格が律儀だからです。

好き嫌いに関係なく、来たLINEにはきちんと返信をするタイプだから返信が来るだけ。

返信が来ると「もう少しやり取りすれば、盛り上がるようになるかな?」とか「もう少し粘ればご飯に誘っても大丈夫かな?」と期待をしてしまうでしょうが、彼発信がないのなら濃厚脈なしです。

いつも一言orスタンプ一個

LINEを送っても、いつも「そうなんだ」「いいねー」などの一言か、スタンプ一個というのなら、LINEを送るだけ無駄!

まったく彼に相手にされていません。

彼はあなたから来たLINEに仕方なく返信をしている状態です。

彼から返信が来るだけで舞い上がって定期的に送ってしまう女性もいるでしょうが、「どうしても彼じゃなきゃダメなの!」という場合を除き、次の男性を探したほうが賢明。

好意的に思っているのならスタンプ一個とか一言とか、そんな素っ気ない返信はしません。

ずっと敬語で打ち解ける気配なし

ずっと敬語で堅苦しいやり取りなら、彼はそれ以上あなたと距離を縮める気はありません。

ずっと敬語は、心を開いていない証拠です。普通、仲良くなりたい相手からのLINEなら、最初こそは礼儀正しく敬語でも、徐々にタメ口が混じって来たりしますから。

LINEのやり取りはあるけど敬語で壁を作られている感じなら、もう引いたほうが賢明。

それ以上押したら、彼にウザがられるだけ。

誘っても「忙しくて」「そのうち」

「そのうちご飯に行きませんか?」と彼を食事に誘った際、「いいですね。行きましょう」と言っていたのに、具体的に日にちを決めようとすると「忙しくて」「予定がわからない」「また機会があれば」と言われてしまい、日程が決まらない……というのなら、彼の言った「行きましょう」は単なる社交辞令。

誘いを断るばかりで代案がないのなら、もう他の男性に目を向けたほうがいいでしょう。

時間を空けて誘っても、大抵「忙しい」「予定が見えない」の一点張りですから。

まとめ

男性が、手に入れたい女性がいる時に発揮するマメさは恐ろしいもの!

どんなに忙しくても必ず返信をしますし、向こうからどんどん質問が飛んできたり、次の予定を即座に決めてきたりします。

男性の必死さが見えないうちは、追いかける恋愛になっているということ。

男性は追いかけてこその恋愛を醍醐味にしているので、引き際を見極めて時間を有効に使いましょう!

-恋愛

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.