未分類

美容には炭酸泉がいい?!

なにやら美容には炭酸泉が良いらしいとの情報をもらったのでちょっと調べてみました。

炭酸泉ってなに?

炭酸泉とは炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことで、温泉法の規定ではお湯1リットルに炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)溶けたものと定義されています。

血管を拡張して血流を促進するなどの効果があり、ドイツなどでは温泉療法などにも用いられていて、温泉国といわれる日本でも数が少なく、貴重な温泉です!

炭酸入浴剤とは違うの?

炭酸入浴剤の多くは、重曹(炭酸水素ナトリウム)とコハク酸、フマル酸などの成分を合わせることによって炭酸ガスを発生させています。

炭酸ガスの濃度は天然の炭酸泉にはおよびませんが、血行促進など体が温まる効果は期待できると思います。

入浴によって上がった体温が低下することで入眠しやすくなるので、十分に体を温めることは疲労回復にもつながります。

どんな炭酸入浴剤がいい?

さすがに、毎日温泉まではいけません。

そこで手軽に入手できるおすすめの炭酸入浴剤をさがしてみました。

炭酸濃度

炭酸の入浴剤を選ぶ時は「炭酸濃度」が大切!炭酸濃度が60ppm以上の入浴剤なら体表面の血流量が良くなったという研究報告があるので、これを基準にするのがいいらしい。

炭酸濃度が記載されていない場合

商品の成分表に記載されていない場合には、メーカーのホームページなどでチェックしてみましょう!

ホームページに記載がなくても電話等で問い合わせると教えてくれることも多いです!

「重炭酸」「炭酸入浴剤」の違い

「重炭酸」の入浴剤は、重曹とクエン酸を合わせて炭酸を発生させているのが特徴です。

これをお湯に入れることでお湯が中性になり、「重炭酸イオン」に変化します。イオン化することで炭酸がお湯の中に溶け込み、効果が長く持続すると言われています。

オススメの入浴剤

ホットアルバム炭酸泉タブレット:薬用ホットタブ重炭酸湯990

重炭酸入浴剤のパイオニアブランドです。

重曹とクエン酸を配合するという特許技術によって、炭酸をお湯に溶け込ませて温浴効果が長く得られるようにしています。

無香料・無着色なので溶かした後もお湯は透明で香りもありませんが、湯あたりがやわらかくなったような独特の感覚があります。ぬるめのお湯に15分程度入浴すると体の内側からしっかり温まっているのを実感できます。

炭酸濃度は1000ppm以上で24時間持続。

追い炊きをしても効果を得られるすぐれもの!

BARTH:[薬用]中性重炭酸入浴剤  990

こちらも「重炭酸」の入浴剤で重曹とクエン酸が配合されています。

実は、「薬用ホットタブ」と「BARTH」はかなり似ています。主成分を見てもどちらも炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、無水クエン酸、PEG6000、ビタミンC、Naなどです。

「BARTH」はメーカーが炭酸濃度を公表していないので濃度はわかりませんが同じ製造法なので濃度も同等レベルかと思われます。

入浴した実感も同じく、温まり、持続ともにしっかりあります。

バスクリン:きき湯 ファインヒート 877

タブレットではなく、小粒になっているので溶けやすいのが特徴!

メーカーのホームページによれば、1.4分で溶けるそうです。

炭酸入浴剤は溶けるのに時間がかかるものもあるので、時間がない時にはうれしいですよね。

炭酸濃度は92~93ppmで、定番の「きき湯」よりもパワーアップしています。

小粒なのでお湯の量に合わせて入れる量を加減できるのも便利。温まり、血行促進などの効果もしっかり実感できそう!

花王:バブ メディキュア  657

あの「バブ」シリーズの炭酸濃度が強化されたものです!

パッケージや商品のホームページには「バブの10倍のここちよさ」と書かれています。炭酸濃度は140ppmと高く、しっかりとした温まりを感じます。

大きめのタブレットなので1錠でしっかりと炭酸効果を得られます。バブのシリーズは香りのバリエーションが豊富なので、そこも高ポイントです!

まとめ

もちろん「炭酸泉」には行きたいし行きますが、家でもこんなに炭酸を感じられるようになっていたとは思いませんでした。

こうなったら片っ端から使ってみようと思います。笑

その時はレポをさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

-未分類

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.