恋愛

水泳でダイエットしてみませんか?

水泳ダイエットの効果

水泳は、有酸素運動に分類され、体内の脂肪や糖をエネルギーとして利用します。

水泳は、有酸素運動の中でも特に運動強度が高く、継続して行うことで体脂肪の燃焼効果・内臓脂肪の減少や呼吸循環系の機能向上の効果が期待できます。

身体にとても良い影響を与える水泳ですが、そのカギとなっているのが「水の特性」。

プールの中では、水圧で地上より大きな負荷がカラダにかかりますが、水の圧力は心臓の負担を軽減する働きがあります。

さらに、浮力のおかげでダイナミックな動きが可能になるだけではなく、ヒザや腰といった関節への負担を軽減してくれる効果もあるため、部位を傷めるリスクが抑えられます。

水の抵抗により消費するカロリーは大きく、全身をバランスよく動かすことができるので、ダイエットにおすすめです。

有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めるためにも、定期的に継続して行うことが大切です。

地上での運動より消費カロリーが高い

水泳ダイエットでは、非常に効率の良い運動効果が得られます。同じ動きを同じ時間実施した場合、水の中では消費カロリーが、地上の約2倍必要といわれています。また、ただ水に浸かっているだけでも、体温維持のためにエネルギーが消費されます。

水による負荷の増大と水温による体温調節の必要性により、地上での運動と比べてダイエット効率が向上するのです。

全身に効果あり

水中での運動は、全身を使います。さらに、水の中では身体全体が水圧による負荷を受け続けます。この水の抵抗により、バランスの良いシェイプアップ効果が期待できます。

これは全身の筋肉が使われ、血流が良くなっているからです。

運動前はストレッチも大切

運動前には、入念なストレッチをしましょう。ストレッチにはけがの予防だけではなく、身体を温めて各部位を動きやすくする作用があります。

水泳ダイエットの効果を高めるためにも身体を柔軟に保ち、パフォーマンスを向上させていきたいもの。またリラックス効果もあるので、仕事帰りに一度気持ちをリセットしたいというときにもおすすめです。

水泳メニュー

初級

泳げない人、水が怖い人、足腰に不安がある人におすすめなのが、水中ウォーキング。体力に自信がない場合でも、気軽に取り組むことができます。

特に話題になっているのが「水中温活ウォーキング」です。「温活」は基礎代謝を上げることで、健康の維持増進を行うこと。

冷えは万病のもとといわれ、カラダのさまざまな病気を誘発しやすいといわれています。

水の中で行う温活ウォーキングにより、水の特性を活かして肩甲骨や股関節、ふくらはぎを大きく動かすことができます。加えて血流を良くし、基礎代謝を高めて体温を上げる効果をもたらします。

基礎代謝が上がれば、日常的なエネルギー消費量も増加しますので、より高いダイエット効果が期待できます。

中級

少しなら泳げる、水に浮くことができるという場合には、クロールや背泳ぎ、平泳ぎで全身の筋肉を使って消費カロリーを上げていきましょう。

水泳ダイエットのポイントは、できるだけ長い時間泳ぐこと。競泳選手のようにタイムを意識するのではなく、ゆっくりでも長く続けて泳ぐことが大切です。長く泳ぐことで効果的な有酸素運動となり、脂肪燃焼効率が上がっていくでしょう。

上級

水泳が得意な人は、バタフライに挑戦してみましょう。ダイナミックに全身を使って泳ぐバタフライは、もっともカロリー消費が高い泳法です。難易度は高いですが、短期間でダイエット効果を得やすいメリットがあります。

まとめ

地上での運動よりも運動量の多い水泳!

ぜひ今年はダイエットを気に水泳をはじめてみませんか?

-恋愛

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.