ライフスタイル 美容

今話題の青汁??!

今何かと話題の青汁。

体に良いのはなんとなく知っていますが、正直具体的に何がいいのか分かりません。そんな青汁について知っていきましょう!

青汁って何?

そもそも青汁とは、主に健康食品として利用される、緑色の植物を原料にした飲料のことを指すそうです。

一昔前は独特な苦みや臭いからテレビなどの罰ゲームとして使用されることも多く、青汁自体の認知度は上がりました。

しかし今では原料の見直しが行われ、ハチミツや果汁などを使用し大変飲みやすくなっています。そして健康や美容の為に飲む人が増えてきました。

現在では液状のものだけではなく、冷凍や粉末の形状のものも多くなり大変手軽に栄養補給できる健康食品となったのです。

 

 

青汁の原料

主に「大麦若葉」「ケール」「明日葉」3種の原材料が使われています。

大麦若葉・・・大麦若葉は、イネ科の植物で、大麦が穂になる前の若い葉の部分を言います。特に「SOD酵素」が豊富に含まれているのが特徴で、血管のしなやかさを保ったり、細胞を老化させる活性酸素から細胞を守り、生活習慣病を防ぐのに働く、という効果が期待出来ます。

ケール・・・栄養価が高く、「野菜の王様」と呼ばれることもあります。中でも多く含まれているのは、皮膚や粘膜を丈夫にする効果が期待出来るβ-カロテンや、目の健康に良いとされるルテインです。

明日葉・・・明日葉の特徴は、「葉酸」を多く含んでいる点です。葉酸は細胞が作られるときに必要な栄養素で、とくに赤ちゃんを発育させる時期である妊娠中や授乳中の女性は積極的に摂ることが推奨される栄養素です。そのほか、葉酸は生活習慣病の予防にも働く効果が期待出来るため、誰にでも摂り入れてもらいたい栄養素です。

3つの共通する栄養素

3つの食材に共通して豊富に含まれる栄養素は、βカロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、カルシウム、鉄、食物繊維、クロロフィルなどです。

βカロテン・・・「免疫力を高める」βカロテンはビタミンAのもととなる成分です。ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にしながら免疫力を高めてくれます。

ビタミンB1、ビタミンB2・・・「新陳代謝の活性化・疲労回復」ビタミンB群は疲労回復のためのエネルギー源を作るのに必要な栄養素です。また、脂質や糖質の代謝にも必要不可欠で、ダイエットに必要不可欠な栄養素と言えます。

ビタミンC・・・ストレスの軽減」「美肌効果」ビタミンCは肌の土台であるコラーゲンの生成に欠かせません。青汁にはビタミンCが豊富に含まれているので、肌荒れが気になる方におすすめです。また「抗ストレスビタミン」とも呼ばれます。ストレスにさらされると、これに対応するために体内で大量のビタミンCが消費されます。ビタミンCが不足すると、ストレスによる不調を引き起こしてしまうことも。青汁には、ビタミンCが豊富に含まれているので、不足した分を補ってくれる効果が期待出来ます。また、精神の安定に働くカルシウムも豊富に含まれているため、イライラを抑えます。

ビタミンE・・・「冷えの改善」ビタミンEは血管をしなやかにして血流を良くし、冷えの改善につながります。

カリウム・・・「むくみの改善」カリウムは体内の水分量を調節するのに働きます。体内の余分な塩分を排出するため、血圧の上昇を予防し、むくみ改善の効果が期待できます。

カルシウム・・・「歯や骨を丈夫にする」カルシウムの約99%は骨や歯に存在しています。そのため、カルシウムが不足すると骨や歯がもろくなってしまいます。カルシウムを摂ることで、骨や歯を丈夫にする効果が期待出来ます。

・・・「貧血の予防」血液の成分であるヘモグロビンをつくる鉄が多く含まれているため、貧血を予防します。

食物繊維・・・「便秘の解消や改善」食物繊維は、水分を含んで腸を刺激し、蠕動運動(ぜんどううんどう)を促して便秘を解消・改善します。

クロロフィル・・・「抗酸化ビタミン」と呼ばれ、細胞の酸化(=老化)を抑える働きがあります。緑の色素成分であるクロロフィルも抗酸化作用がある物質です。

まとめ

青汁は薬ではないので適量であれば副作用もなく健康に良い飲み物です。日々飲めると体に良く美肌効果もあります。ただやはりのみすぐると便秘になったりもするみたいなのでほどほどにしておきましょう!

-ライフスタイル, 美容

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.