ライフスタイル 美容

本当に知ってる? マツエクのアレコレ

マツエクってなに?

まつげのエクステ、略してマツエクです。

日本では2007年頃から少しづつブームが始まり今では日本全国にマツエク専門店があるほどです。

昔は1回の施術が約2万円で、マツエク1本の単位が200円もしたというので驚きです。

現在ではリーズナブルになり1回5000円前後と言われています。

また痛みはなく、リクライニングのソファでつけてもらえることが多く、寝てしまう人も続出だとか。

 

マツエク装着後最低でも6時間は水につけないようにしましょう!

すぐに取れてしまいます。

かかる時間は大体1時間で両目で120本(片目60本ずつ)くらいが平均かと思います。

ちなみに筆者はまつげの本数が多く、以前着けられるだけ着けてもらったら両目で180本くらい着きました。

また刺激を受けやすい為、いつもコンタクトを装着させてもらって施術をしてもらいます。

コンタクトをしないと涙が延々と出て耳の穴に入ってきます。

こんなんじゃ気になって全然寝れません。あと涙を拭きながらだと時間がかかります。

お店によってはコンタクト装着不可のところもあるので、事前に聞いてみてください。

マツエクってどうやってつけてるの?

マツエクは皮膚やまぶたに直接つけるわけではなく、すでに生えているまつげ1本1本に対して毛根より1mm~2mmの部分に装着します。

何を使用して装着するかというと、専用のグルー(接着剤)でつけています。

このグルーにも種類があるらしくお店によって何種類か取り揃えられているので、お店の人と自分に合いそうなグルーを選んでもらうのもいいかと思います。

マツエクの種類

大体どこのお店もミンク・シルク・セーブルの3種類は必ずあるかと思います。

①ミンク

柔らかくてまつげとの密着度が高くマツエク装着後に違和感を感じにくいです

②シルク

ミンクと反対に固く、カールがしっかりとしています。

艶もあるのでとても上品で華やかな印象になります。

固めなのでマツエク装着後に少々違和感があるかもしれません

③セーブル

3種類の中で一番自まつ毛に近いです。

その為、マツエクをしている印象をあまり与えません。

また、非常に柔らかく軽いので装着後違和感を感じることもなく、モチも良いのでオススメです。

ただセーブルは少しお値段が上がるのでお財布と相談になりそうですね。

マツエクのカールの種類

Cカール・JCカール・Jカール・CCカール・Dカール・Mカールの6種類をご紹介します。

Cカール

かなり”クルン”とカールされているのがCカールです。

そのため、ぱっちりしたお人形さんのようなかわいらしい目にしてくれます。

JCカール

ぱっちり目にしてくれるCカールと、主張しすぎないJカールの間くらいのカール度なのがJCカールです。

これは、華やかにしたけれどそこまで印象的にしすぎたくないという方におすすめです。

Cカールまでとはいわないですが、しっかりカールが”クルン”としています。

Jカール

Cカールに比べるとカールはかなり弱いです。

とはいっても、カールはありますよ。

マツエク全体がカールしているCカールとは違って、毛先だけがやさしくカールしています。

そのため、ナチュラルにみせやすいです。

また、つけ方によってはタレ目風にできることも。

CCカール

CCカールは、Cカールよりも強めのカールです。

いかにもマツエクをつけているという印象を与えます。

ナチュラルではなくゴージャスにしたい! とにかく目元を強調したい! という方にオススメ。

Dカール

DカールはCカールやCCカールと比べ根元からカールしているイメージです。

自まつ毛をビューラーであげてような感じに近くなります。

Mカール

2015年あたりに登場した新し目のマツエクの種類です。

Mカールは根元からカールがかかっているマツエクのため、自まつげに装着する範囲が小さい! ということは、自まつげへの負担が少ないマツエクなんです。

CカールやCCカールまで華やかではありませんが、Dカールよりさらにビューラーをしたような目元に。

マツエクの太さ

大体のマツエク専門店は0.10 0.12 0,150,200,25の5種類の太さのマツエクを用意しています。

太くすることで印象的な目元にはなりますが、少し取れやすくなったり装着後違和感を感じることもあります。

お店の人にどういうイメージにしたいのか伝えると選んでくれますよ!

化粧の落とし方は?

まずマツエクはオイルに弱いので、クリーム状のオイルが入っていない化粧落としを使いましょう。また、まつげにあまり触れないように化粧を落としますが、アイラインなどは綿棒で丁寧に落とすとマツエクの持ちがいいですよ。

おすすめの化粧落とし

花王『ビオレ メイクとろりんなで落ちジェル』

プチプラで気軽に使えます。

まとめ

筆者は、薄化粧で自然体でありながら目をぱっちりさせたいという、わがままな理想を叶えるべくマツエクを装着しています。

何と言ってもスッピンでもそこそこ華が出るし、まず化粧時間の大幅削減に成功しました。

マツエクをつけることで理想のタレ目を実現すた為、アイラインも引かなくなりました。

もちろんマスカラも塗りたくることはありません。

今の所マツエクをつけない選択肢はありません。

まだ未体験の方は一度装着してみてはいかがでしょうか?

-ライフスタイル, 美容

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.