ライフスタイル 恋愛

結婚すると、何がどう変わる?

皆さんは、「結婚」に対してどんなイメージを持っていますか?
好きな人とずっと一緒にいられる! 毎日可愛い部屋着で出迎えよう! 料理だって頑張っちゃう!
なんて夢いっぱいかもしれません。
でも現実はそんなものではありません。

今回は、結婚すると変わることをまとめてみました。

何をするにも勝手に決められない

独身の頃は、なんでも勝手に決められました。
週末の予定はもちろん、お金の使い方や転職など、自由だったはずです。
でも、結婚するとそういうわけには行きません。

結婚とは、相手の人生の責任も負うということ。
重大なことになればなるほど、自分のことだけでなく、相手の都合を考える必要があります。

一人になる時間も、場所もない

独身の頃は、デートを終えて家に帰れば一人の空間と時間があります。
結婚し、一緒に住むということは、一人の時間と場所はなくなります。

部屋数が多ければ解決するという単純な話ではありません。
一人の時間、空間においても、あなたは「家族」という存在を背負うことになるのです。

義理の家族との付き合いがある

一番大きな変化はこれかもしれません。
結婚に付随してできる、「義理の家族」。
遠方に住んでいるならまだしも、物理的な距離や心理的距離が近い義理家族だと、お付き合いは大変です。
「アポなし訪問」とか、「姑合鍵問題」とか、耳にしたことはありませんか?
パートナーが親離れしていないと大変です。

結婚の現実的な問題

交際中は「この人と結婚したい!」と思ったり、プロポーズに舞い上がって、現実的な問題は見えにくいものです。
結婚とは、人生が変わってしまうものですから、当然今まで通りというわけにはいきません。
思い描いていた結婚生活から程遠いものになるかもしれません。
こうした変化があることも考えて、受け入れることが、幸せな結婚生活の継続には大切です。

-ライフスタイル, 恋愛

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.