美容整形

埋没法って元に戻せるんだよね?!

埋没法は糸をまぶたの中に埋め込んで、そのひっぱる力で二重ラインを作る方法です。

糸を取り出せばもとに戻せると言いますが、本当にそうなんでしょうか?

 

Q「埋没法って戻すことができますか?」
A「ほとんどのケースで糸を取り出せば戻ります」

 

え!?ほとんどって……

戻らないこともあるってこと?

手術を受けてから短期間であればほぼ全員戻ります。

でも手術から長く時間が経った場合には目自体も変わってきます。

年齢を重ねていくと目の上の脂肪も変化していくので、目がくぼんできます。

くぼみ目になると、今までより広いラインになったり、ラインがはっきりしなくなったり、ということが起こりうるのです。

そのせいで糸を取り出しても、前とは違ったラインが出たり、必ずしもやる前の元通りではないかもしれません。

 

あと他のリスクとしては、糸をとるために少しだけ皮膚に切れ目を作るので、多少傷跡として残ることも考えられます。

普通は3mm以内くらいの小さなもので、跡が残らないケースが圧倒的に多いです。

でも一応リスクとしては頭の片隅に入れておくべきです。



じゃあ、すぐに糸取れば戻せるなら楽勝じゃない?

いやいや! まぶたに対しては手術のダメージが多少なりとも加わります。

どうせ戻せるんだから、とライン幅も考えずに適当に受けるのはおすすめできません!

例えばできるだけ広くしてみて、その二重ラインがおかしかったら取ろう! だとか、飽きたら糸取ればいいかな、みたいな軽い感じは絶対ダメ!

やっぱり計画性を持って手術するのが重要です。

よく「プチ整形」なんて呼ばれるものの、れっきとした手術。

しっかり考えた上での手術は良い結果につながります。

 

でも本当に失敗しているんです、そんなパターンは?!

思わしくない予想外の結果の場合は、糸を取って戻して考えてみることが一番ではないでしょうか。

時間が経っても、二重まぶたが思ったよりもずっと広い場合はもちろんです。

他のちょっと困ったパターンでは
”ひきつれ・くぼみが残っている場合”
“ラインのかたちが不自然な場合”
”糸の結び目がぽつんと跡になって明らかにわかる場合”
などでしょうか。

大多数の人が見て、不自然なケース。

こんな時には主治医に相談が第一。

不安な時はまず訪ねるべき人です。

 

心配になって、すぐセカンドオピニオン的に他の医師を訪ねる人もいます。

でも主治医への相談を後回しにして、他のクリニックに行くことで、かえって更に悪い結果へ広がっていく悪循環ケースもよく耳にします。

やる必要のない処置を心配につけこんで(お金がとれるから)すすめてくる医師もいるのが悲しい事実なのです。

主治医を疑って、カッとなってしまう人もいますが、興奮した状態だと見えるものも見えなくなってしまいます。

慌てず冷静になって、手術を担当した主治医の話をよく聞いてみましょう!

糸の位置などどんな手術だったのかは、主治医が一番わかっていることです。

だからこそ糸を取り出すときにも一番の存在なのです。

 

どうしても主治医が話も聞いてくれない!そんな時は?

良くない医師にあたってしまうこともあるのかもしれません。

責任逃れやごまかそうとするのは嫌なパターンです

そうなると他の医師の意見を求めるのもやむなしです。

糸取りで有名なアロマクリニックや修正を多く行っている山本クリニックなど、意見を求める価値のあるクリニックは存在します。

よく調べて、そのうえでしっかりと話し合って方向性を考えていくしかありません。

変な目のまま長い時間過ごさなくてはならないことと糸取り手術のリスクを比較すると、前者が圧倒的に不利。

戻す手術を良い形で受けるために、頑張らなくちゃ! です。


-美容整形

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.