ライフスタイル 趣味

今話題の2.5次元俳優について知ろう!

今話題の2.5次元舞台……時代を遡れば、フロンティアは宝塚歌劇団の「ベルサイユの薔薇」ではないでしょうか。
その後、「セーラームーンミュージカル」が1993年からスタートし、2018年には乃木坂46が上演したことでも話題になりました。
そして世間に多くの俳優を輩出したといえば、間違いなく2003年からスタートした「ミュージカル・テニスの王子様」でしょう。

そこで今回は、意外と知られていない2.5次元舞台出身俳優や、今注目の2.5次元舞台俳優についてご紹介します!

びっくり! あの人もこの人も、実は2.5次元出身!

○今やミュージカル界の中堅ドコロ! 実力派俳優「浦井健治」

東宝ミュージカル常連の浦井健治。
世間は彼を「ミュージカル俳優」と認識しているでしょう。
そんな浦井健治ですが、「セーラームーンミュージカル」で「地場衛」役を好演しています。
その後、東宝ミュージカルに出演するようになりました。

○すっかりミュージカル界のプリンス、「城田優」

城田優と言えば、若手ミュージカル俳優の中で最も売れている1人でしょう。
彼は「テニスの王子様ミュージカル」で大人気キャラクター「手塚国光」を演じ人気が爆発しました。
そんな城田優ですが、なんと俳優としてのデビュー作は「セーラームーンミュージカル」。
「地場衛」役を好演しています。
因みに、城田優タキシード仮面は、多部未華子セーラーヒーラーと共演しているんですよ。

○容姿端麗、ダンスも抜群! 遂にトートを演じる「古川雄大」

彼もまた、「テニスの王子様ミュージカル」の「不二周助」役でミュージカル俳優のキャリアをスタートさせました。
最近では「黒執事ミュージカル」で主役「セバスチャン」を演じました。
研音に移籍してから、ミュージカル主演が増え、この夏とうとう「エリザベート」の「トート」役をつかみ取りました!

□目が離せない! 大注目出世株2.5次元俳優たち

○伊礼彼方

東宝ミュージカルに続々と出演が決まっている、今大注目の若手ミュージカル俳優の彼も、ミュージカル俳優としてのキャリアのスタートとなったのは、「ミュージカル・テニスの王子様」でした。
その後、活動休止を経て東宝ミュージカル「エリザベート」の「皇太子ルドルフ」役に抜擢されました。

○中河内雅貴

ミュージカルだけでなく、ストレートプレイにも多く出演する中河内雅貴は、2.5次元舞台が出身というわけではありませんが、多くの2.5次元舞台に出演しています。
ダンスパフォーマンスの高い実力を誇りますが、歌も抜群。その上容姿端麗です。
これからがますます楽しみな実力派俳優です。

○植原卓也

「キューティーブロンド」や「エリザベート」に出演する植原卓也もまた、デビュー作は「ミュージカル・テニスの王子様」です。
その後「黒執事ミュージカル」で「グレル・サトクリフ」を好演しました。
ダンスの実力はなかなかのものです。
これからの活躍に期待大です。

○三浦涼介

「ロミオとジュリエット」や「エリザベート」といった大作に出演する三浦涼介も、2.5次元ミュージカルに出演しています。
「黒執事ミュージカル」では非常にレベルの高い芝居と歌で客席を魅了しました。

○鈴木拡樹

オフブロードウェイミュージカル「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の主演が決まった彼は、「舞台 刀剣乱舞」の「三日月宗近」と言えば誰しもが知っているのではないでしょうか。
彼は「最遊記」や「弱虫ペダル」「薄桜鬼」「ノラガミ」などの2.5次元舞台でキャリアを積んできました。
高い演技力の持ち主です。
最近では、「髑髏城の七人」や「No.9―不滅の旋律―」などに出演しました。

2.5次元舞台にも実力派はたくさんいる!

新作が乱立し、「お遊戯会」などと揶揄されることも増えてしまった2.5次元の世界。
ここでは紹介しきれませんでしたが、黎明期から活躍している俳優の中には、今だ2.5次元舞台を活動の中心としながら、ひじょうに高い実力の持ち主もたくさんいますよね。

これからも、2.5次元舞台俳優から目が離せません!

-ライフスタイル, 趣味

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.