ライフスタイル

自己肯定感が低い人の特徴 5選

皆さんは、「自己肯定感」という言葉を聞いたことがありませんか?

今回は、自己肯定感が低い人が低い人の特徴と対処法をご紹介します。

①「すみません」を多用する

謝罪ができる、というのは人として当然のことですが、自分が悪いことをしたわけでもないのに「すみません」と反射的に言ってしまう人がいます。
「すみません」ではなく、「ありがとう」でも同じ気持ちは伝えられませんか?

言霊という言葉があるように、「すみません」と謝罪の言葉をすぐ口にすることが自己肯定感を下げている要因になります。
意識的に「ありがとう」という言葉を使うようにしましょう。

②「自分なんて」と卑下する

すぐ「自分なんてどうせ〜だから」という人がいますが、これも要注意。
これは、物事をすぐに諦めてしまう人の口癖です。
自分のマイナス面ばかりを見てしまって、不満や不安を抱えてしまうのです。
こういう思考に陥りやすい人は、一旦自分のマイナス面を受け入れてから、そこからどうプラスに転じることができるのか、プラスになるものはないかを見つけましょう。

③「〜したい」という人

これは意外かもしれませんね。
「〜したい!」なんて、前向きな人が口にする印象です。
しかし、本当に前向きな人は「〜したい」と口にする前にすでに行動に移しているのです。
この「〜したい」という言葉の裏には、「条件が整ったら」という言い訳があります。
この逃避の思考パターンは意識して捨てないと、いつまでも「したい」ことが達成できません。

「〜したい」と思った時は、「〜する!」に意識を変えて、なんでもいいので行動に移してみましょう。

④「〜すべきだ」「普通は〜だ」と価値観がガチガチである

例えば、進学や就職、或いは結婚において、このように考えてはいませんか?
自分自身をその思い込んだ常識に縛り付けるだけでなく、友人や同僚にも求めてしまう。
一見すれば、自分にも他人にも厳しい真面目な人。
しかし、これは他人と衝突する機会が増えるどころか、「〜すべき」ところから自分が外れてしまった場合、大いに苦しむことがあります。

人の数だけ価値観があり、「〜すべき」ことはないと変えていきましょう。

⑤「〜してはいけない」ことが多すぎる

自己肯定感が低い人は、「〜してはいけない」と自分を抑圧してしまいがちです。
ところが、脳は否定的な言葉をイメージすることが苦手。「〜してはいけない」と思えば思うほど、逆に「〜」の部分を強くイメージし、求めてしまいます。
では、どうすればいいか。
それは、表現を否定形から肯定形に変えること。

もし、「お菓子を食べてはいけない」なら「果物を食べよう」。
意識して思考パターンを変えていきましょう。

自己肯定感が低いと思うなら、まずはイメージする言葉を変えてみよう

いかがでしたか?

紹介したパターンに当てはまることが多いな、と感じた人はご紹介した方法を試してみてください。
言葉一つで思考が変わり、思考が変われば行動が変わります。

自己肯定感を高めていくのは難しいことではありますが、今の自分を認め受け入れることから始めてみましょう。

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.