ライフスタイル

「結婚はまだ?」と聞いてくる母親を黙らせる効果的な方法

「結婚はまだ?」なんて、アラサーになったら一度は言われたことがあるのではないでしょうか。

そこで今回は、結婚を促してくる母親を一発で黙らせる方法をご紹介します!

話をそらす

面倒に感じても、できれば穏便にその場をやり過ごしたいですよね。母親が結婚しなさいと言い始めたら、別の話を持ち出して気をそらしてみましょう。

親戚や兄弟に独身の人がいるのなら、そちらに話を向けてみるのも一つの手です。

結婚というキーワードが出たら、両親の馴れ初めについて聞いてみるのも良いでしょう。

お母さんはどうしてお父さんと結婚しようと思ったの、など色々な手を尽くして話をそらしていくことができます。

暖簾に腕押しだと思わせる

予定もないのに結婚を促されるとイライラしてしまう、そんな人も多いでしょう。

しかし感情的になって対応すると、相手もムキになり、さらにしつこく同じことを言ってくる可能性があります。

結婚しなさい、したほうが良いといわれたら、そうだね、たしかにねと適当に返事をしてみましょう。

何度言っても同じような相槌しか返ってこないと、段々口にする方も面倒になってくるものです。

この人には何を言っても無駄、そんな諦めも生まれてくるでしょう。まるで暖簾に腕押しだ、と感じさせることがポイントです。

一旦意見を受け入れたフリをする

母親の意見を受け入れたフリをしてみる、という方法もあります。

じゃあちょっと真剣に結婚について考えてみるよ、と口にしてみるのです。

もちろん、その気がないのなら真剣に考える必要はありません。

それでも黙らなければ、今真剣に考えている最中だから少し静かにして、と言ってみましょう。

今の生活が充実していることを伝える

母親がしつこく結婚を促す理由は、ほとんどの場合、子供の将来を心配していることにあるでしょう。親である自分自身が先に死んだ後、子供が一人ぼっちになってしまうのでは、と不安に感じているのです。

そうした場合には、不安や心配を和らげる方向で対処してみましょう。

今の生活がどれほど充実していて楽しいか、といったことを話してみるのです。

将来叶えたいと考えている夢や目標があるのなら、それについて詳しく話すのも良いでしょう。自分自身が持っている将来のビジョンを共有すれば、母親の心配や不安を軽減させられます。

具体的な理由があるのなら正直に話す

結婚しない具体的な理由がある場合は、早い段階で正直に話しておくと良いでしょう。

納得してもらえるかどうかはわかりませんが、一度は本心をきちんと伝えておく必要があります。真面目に話をしても効果がない場合は、適当にごまかしたり話をそらして対処しましょう。

 

-ライフスタイル

Copyright© ninalo! , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.