恋愛

恋人が信じられない、そんなあなたがやるべきたった一つのこと。

恋愛の話をしていると、「恋人のことが信じられない」という人がけっこういます。

 

かつての恋人に傷つけられたトラウマだったり、彼が遊び人だったりと、理由は様々ですが、多くの女性が信じることの難しさに直面するようです。

 

 

そもそも、どうして信じられないの?

彼を信じたいのに、信じられない。

 

連絡がない今、彼は他の女性に愛を囁いているかもしれない……

 

「こんなに苦しいなら、恋なんてしなければよかった」

そう思う人もいるのではないでしょうか。

 

どうしてあなたは彼を信じることができないのでしょう。

 

例えば、

・浮気をされたから

・家に入れてもらえないから

・過去の女性関係が派手だったから

・元カノと今でも親しくしているから

 

こんなことで、あなたは悩んでいるのではないでしょうか。

確かに、これは彼を信じられない立派な理由です。

けれど、彼を信じられない理由は、本当にそれだけでしょうか?

 

 

信じられない心は、その恋を壊してしまう

恋をすると不安になるのは、なにも過去の経験がトラウマになっている人だけではありません。

 

好きすぎるがゆえに、「こんな素敵な人が私なんかを本当に好きでいてくれるんだろうか」「いつかこの恋は終わってしまうのではないか」と、不安を抱えてしまうのです。

その不安が、パートナーへの不信へとつながり、連絡が取れないことや会えないことで、疑いはますます深くなっていくのです。

 

彼を信じられない心は、彼自身にも伝わってしまうものです。

不安から彼を束縛し、窮屈になってあなたの元を離れるかもしれません。

 

彼を好きすぎて彼を信じられない心が、彼との恋を壊してしまうのです。

恋人に過剰な期待を抱いてはいけない

恋人の言葉や行動に問題があるから、彼を信じられない。

本当にそれだけでしょうか。

 

あなたは、彼がパーフェクトな恋人なら不安を抱えることなく、幸せに包まれますか?

パーフェクトって、どんな恋人でしょう?

 

あなたは、知らず知らずのうちに、彼から与えられる幸福を見えないふりをして、もっともっとと、愛情ばかりを求めてはいませんか?

彼は100の愛情をくれているのに、あなたは120、150の愛情を求めているのかもしれません。

 

愛情をもらうことは幸せなことです。

彼から多くの愛情をもらえば、あなたの人生は幸福なものになるでしょう。

 

しかし、あなたの人生の幸福を彼からの愛情頼みにしてはいけません。

 

 

自分の人生の幸福は、自分自身で作り出す

恋愛はいいものですが、決して依存してはいけません。

また、あなたの人生の幸福を、彼頼みにしてもいけません。

 

自分の人生の理想を他者頼みにするのではなく、あなた自身の力で創り出すのです。

 

 

全ての物事に意味があるように、すべての恋にも意味があるはずです。

どうしてあなたは信じられない彼のことを愛しているのでしょうか。

あなたの人生で必要だから、あなたは彼を好きになったはずです。

 

「信じられない」から、彼を「信じる」考え方へシフトしましょう。

 

「信じられる」ことと「信じる」ことは違います。

 

まずはあなたが一人で幸福な人生を手に入れ、そして彼を「信じる」マインドへシフトさせるのです。

 

彼を信じることで、彼はますますあなたへ愛情を示してくれるでしょう。

そして愛情を一心に受けたあなたは、いつの間にか疑うことなど忘れているはずです。

 

 

彼へ「信じられる根拠となる言動」を求めるよりも、あなたが独立し「信じる」ことが大切です。

-恋愛

Copyright© ninalo! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.